[Fedora-directory-commits] dsgw/html/manual/ja add.htm, NONE, 1.1 attribut.htm, NONE, 1.1 auth.htm, NONE, 1.1 contents.html, NONE, 1.1 filters.htm, NONE, 1.1 intro.htm, NONE, 1.1 mod.htm, NONE, 1.1 objclass.htm, NONE, 1.1 search.htm, NONE, 1.1

Richard Allen Megginson (rmeggins) fedora-directory-commits at redhat.com
Wed Jan 16 22:56:05 UTC 2008


Author: rmeggins

Update of /cvs/dirsec/dsgw/html/manual/ja
In directory cvs-int.fedora.redhat.com:/tmp/cvs-serv23442/dsgw/html/manual/ja

Added Files:
	add.htm attribut.htm auth.htm contents.html filters.htm 
	intro.htm mod.htm objclass.htm search.htm 
Log Message:
added manuals; fixed code that displays manuals; added initial tests


--- NEW FILE add.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<HTML>
<!-- HEAD -->
<TITLE>ディレクトリ エントリの追加
</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<H1>
<A NAME="adding"></A>エントリの追加</H1>
Directory Serverインタフェースを使用してディレクトリに新規エントリを追加できます。エントリを追加するには、エントリを追加できる権限がDirectory Server管理者から付与されていなければなりません。エントリの追加の前には、Directory Serverへの<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>が必要です。

<P>Directory Serverインタフェースを使用して、以下を追加することができます。 
<UL>
<LI>
<A HREF="#person">ユーザ</A></LI>

<LI>
<A HREF="#NTperson">NTユーザ</A></LI>

<LI>
<A HREF="#group">グループ</A></LI>

<LI>
<A HREF="#NTgroup">NTグループ</A></LI>

<LI>
<A HREF="#ou">組織単位</A></LI>

<LI>
<A HREF="#o">組織</A></LI>
</UL>
初めてエントリを追加する前に、ディレクトリ ツリーおよび命名規約に関する重要な情報について、<A HREF="#guidelines">「新規エントリに関するガイドライン」</A>の項をお読みください。
<H2>
<A NAME="guidelines"></A>新規エントリに関するガイドライン</H2>
ディレクトリにエントリの追加を始める前に、以下のディレクトリ概念を理解しておいてください。
<UL>
<LI>
<A HREF="#tree">ディレクトリ ツリー構造</A></LI>

<LI>
<A HREF="#DN">識別名の構文</A></LI>

<LI>
<A HREF="#uniqueDN">固有の識別名</A></LI>
</UL>

<H3>
<A NAME="tree"></A>ディレクトリ ツリー構造</H3>
ディレクトリのデータはツリー階層で整理されています。ツリーの最上位は、ルートまたはサフィックスと呼ばれます。通常ルート エントリは、ディレクトリの組織エントリになっています。

<BLOCKQUOTE><B>ノート:</B>
<P>

ご使用のディレクトリには複数のサフィックスが含まれているかもしれませんが、Directory Serverインタフェースでは、単一のサフィックスに対するエントリの検索、追加、編集のみが可能です。新規エントリの追加を開始する前に、Directory Serverインタフェースがサポートしているサフィックスを確認してください。</BLOCKQUOTE>


<P>ルートの下にはツリーの階層があり、通常マーケティングや財務などの組織単位 があります。組織内のユーザおよびリソースのエントリは、普通、ディレクトリ ツリー構造内の組織単位階層の下に含まれています。

<P>エントリの追加の際には、階層の下に新規エントリを作成する前に、その階層 ポイントを示すエントリを必ず作成してください。例えば、MarketingとAccountingのサブツリーにエントリを追加する場合、それらのサブツリー内にエントリを作成する前に、サブツリーの階層 ポイントを作成します。

<PRE>          o=Airius.com
          ou=Marketing, o=Airius.com
          ...
          <I>Marketing サブツリー エントリ</I>
          ...
          ou=Accounting, o=Airius.com
          ...
          <I>Accounting サブツリー エントリ</I>
</PRE>

<H3>
<A NAME="DN"></A>識別名の構文</H3>
識別名(Distinguished Name = DN)を使用して、Directory Server内で固有にエントリを識別します。一連のカンマで区切られた属性と属性値を使用して、DNでエントリを指定します。DNの一番左の値は、エントリ名と、そのエントリの上の階層 ポイントを示す後続の各属性を示しています。 例:
<PRE>uid=bjensen, ou=people, o=airius.com</PRE>
このDNは、ディレクトリ<I>airius.com</I>内のサブディレクトリ<I>people</I>にあるエントリ<I>bjensen</I>を示しています。

<P>Directory Serverに新規エントリを追加する際は、完全な識別名を入力するようプロンプトが表示されます。
<H3>
<A NAME="uniqueDN"></A>固有の識別名</H3>
Directory Serverインタフェースでは、重複するエントリは作成できません。名前の重複を避けるために、ユーザの一般名(CN)ではなく、ユーザID (uid)で始まる識別名を使用します。人間が識別できるユーザIDを選んでください。つまり、ユーザIDには、文字や数字を無作為に集めたものは使用しないでください。既に電子メール システムをご使用の場合は、ユーザIDに各ユーザの電子メール アドレスの一番左の値を選択することも1つの方法です。例えば、ユーザの電子メール アドレスが

<P>bjensen at airius.com

<P>である場合、そのユーザのディレクトリ  エントリに次のDNを選択します。

<P>uid=bjensen, o=airius.com
<H2><A NAME="person"></A>ユーザの追加</H2>
新規ユーザを追加するには、以下に従ってください。
<OL>
<LI>
[新規エントリ]タブをクリックします。</LI>

<LI>
[新規エントリ]フォームに概説されているステップに従います。このフォームの入力を終えたら、[継続]をクリックします。この操作をキャンセルするには、ブラウザ ウィンドウの[戻る]ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
新規エントリの追加を試みる前に認証していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>するようプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ディレクトリにユーザを追加する際には、そのユーザのデータを編集可能にするフォームが表示されます。このフォームは、新規ウェブ ブラウザ ウィンドウに表示されます。必須フィールドには値を入力しなければなりません。ユーザの必須フィールドは以下の通りです。
</LI>

<UL type="disc">
<LI>
<A HREF="attribut.htm#cn">[氏名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#sn">[姓]</A></LI>
</UL>

<LI>
オプションのフィールドには、値を今入力することも、後で追加することもできます。ユーザのオプションのフィールドは以下の通りです。
</LI>
 
<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2 >
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#givenName">[名前]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号]
</A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#mail">[電子メール アドレス]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#uid">[ユーザID] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#pager">[ポケットベル] </A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#mobile">[携帯電話]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#title">[役職]</A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#ou">[組織単位]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#manager">[マネージャ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#roomNumber">[部屋番号] </A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#secretary">[秘書] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#departmentNumber">[部門番号] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#employeeNumber">[社員番号]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#carLicense">[自動車ナンバープレート番号] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#labeledUri">[URL] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#userPassword">[パスワード]</A> </TD>
</TR>
</TABLE>
</CENTER>
<BLOCKQUOTE><B>ノート:</B>
<P>
エントリを保存してからでないと、[マネージャ]、[秘書]、または[参照]のフィールドには値を入力できません。</BLOCKQUOTE>

<LI>
エントリの作成をキャンセルするには、フォームのあるウェブ ブラウザのウィンドウを閉じます。フォームの入力を終えたら、フォーム上部の[新規ユーザの保存]ボタンをクリックします。
</LI>

<LI>
エントリを保存した後、<A HREF="mod.htm#addmanager">[マネージャ]と[秘書]のフィールドに値を追加</A>したり、<A HREF="mod.htm#addowner">[参照]に値を追加</A>することができます。</LI>
</OL>

<H2>
<A NAME="NTperson"></A>NTユーザの追加</H2>
NTユーザのエントリを作成する際には、エントリを追加するサブツリーが、同期化サービスがエントリの同期化に使用するものと同じサブツリーであることを確認してください。別の場所にNTユーザのエントリを追加すると、Windowsネットワークで同期化が行われません。

<P>新規NTユーザのエントリを追加するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
[新規エントリ]タブをクリックします。</LI>

<LI>
[新規エントリ]フォームで概説されているステップに従います。このフォームの入力を終えたら、[継続]をクリックします。この操作をキャンセルするには、ブラウザ ウィンドウの[戻る]ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
新規エントリの追加を試みる前に認証していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>するようプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ディレクトリにNTユーザを追加する際には、そのユーザのデータを編集可能にするフォームが表示されます。このフォームは、新規ウェブ ブラウザ ウィンドウに表示されます。必須フィールドには必ず値を入力するしなければなりません。NTユーザの必須フィールドは以下の通りです。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
<A HREF="attribut.htm#cn">[氏名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#sn">[姓]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntUserDomainId">[NTドメイン名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#uid">[NTユーザID]</A></LI>
</UL>

<LI>
オプションのフィールドには、値を今入力しすることも、後で追加することもできます。ユーザのオプションのフィールドは以下の通りです。</LI>
<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2 >
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#givenName">[名前]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#mail">[電子メール アドレス]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#userPassword">[Directory Serverのパスワード]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#pager">[ポケットベル]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#mobile">[携帯電話]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#title">[役職]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#ou">[組織単位]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#manager">[マネージャ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#roomNumber">[部屋番号]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#secretary">[秘書] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#departmentNumber">[部門番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#employeeNumber">[社員番号]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#carLicense">[自動車ナンバープレート番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#labeledUri">[URL]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#uid">[ユーザID]</A></TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
<BLOCKQUOTE><B>ノート:</B>
<P>

エントリを保存してからでないと、[マネージャ]、[秘書]、または[参照]のフィールドには値を入力できません。
</BLOCKQUOTE>

<LI>
また、以下の2つのオプションの値も変更できます。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
<A HREF="attribut.htm#NTUserDelete">[ユーザが削除されたらNTアカウントを削除する]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntUserCreateNewAccount">[新規NTアカウントの作成]</A></LI>
</UL>
デフォルト値が表示されます。この値を変更しないと、デフォルト値が使用されます。
<LI>
フォームの入力を終えたら、フォーム上部の[新規NTユーザの保存]ボタンをクリックします。エントリの作成をキャンセルするには、フォームのあるウェブ ブラウザ ウィンドウ閉じます。 </LI>

<LI>
エントリを保存した後、<A HREF="mod.htm#addmanager">[マネージャ]と[秘書]フィールドに値を追加したり、</A><A HREF="mod.htm#addowner">[参照]に値を追加</A>したりすることができます。</LI>
</OL>

<H2>
<A NAME="group"></A>グループの追加</H2>
新規グループのエントリを追加するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
[新規エントリ]タブをクリックします。</LI>

<LI>
[新規エントリ]フォームで概説されているステップに従います。このフォームの入力を終えたら、[継続]をクリックします。この操作をキャンセルするには、ブラウザ ウィンドウの[戻る]ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
新規エントリの追加を試みる前に認証していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>するようプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ディレクトリにグループを追加する際には、そのグループのデータの編集を可能にするフォームが表示されます。このフォームは、新規ウェブ ブラウザ ウィンドウに含まれています。必須フィールドに値を入力する必要があります。

<A HREF="attribut.htm#cn">[名前]</A></LI>

<LI>
オプションの<A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A>のフィールドには、値を今入力することも、後で追加することもできます。</LI>

<BLOCKQUOTE><B>ノート:</B>
<P>

エントリを保存してからでないと、[所有者]、[グループ メンバー]、または[参照]のフィールドには値を入力できません。</BLOCKQUOTE>

<LI>
フォームの入力を終えたら、フォーム上部の[新規グループの保存]ボタンをクリックします。</LI>

<BR>エントリの作成をキャンセルするには、フォームのあるウェブ ブラウザ ウィンドウを閉じます。
<LI>
エントリを保存した後、<A HREF="mod.htm#addowner">[所有者]、[グループ メンバー]、および[参照]のフィールドに値を追加できます。</A></LI>
</OL>

<H2>
<A NAME="NTgroup"></A>NTグループの追加</H2>
新規NTグループのエントリを追加するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
[新規エントリ]タブをクリックします。</LI>

<LI>
[新規エントリ]フォームで概説されているステップに従います。このフォームの入力を終えたら、[継続]をクリックします。この操作をキャンセルするには、ブラウザ ウィンドウの[戻る]ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
新規エントリの追加を試みる前に認証していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>するようプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ディレクトリにNTグループを追加する際には、そのグループのデータの編集を可能にするフォームが表示されます。このフォームは、新規ウェブ ブラウザ ウィンドウに含まれています。必須フィールドには値を必ず入力しなければなりません。NTグループの必須フィールドは以下の通りです。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
<A HREF="attribut.htm#cn">[名前]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntGroupId">[NTグループ名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntGroupDomainId">[NTグループ ドメイン]</A></LI>

</UL>

<LI>
オプションのフィールドには、値を今入力することも、後で追加することもできます。NTグループのオプションのフィールドは以下の通りです。</LI>
 
<CENTER><TABLE BORDER=2 >
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#owner">[所有者]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#l">[言語情報]</A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#uniqueMember">[NTグループ メンバー]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#ou">[組織単位]</A></TD>
</TR>
</TABLE>

</CENTER>
<P>
<BLOCKQUOTE><B>ノート:</B>
<P>

エントリを保存してからでないと、[所有者]、[NTグループ メンバー]、または[参照]のフィールドに値を入力できません。</BLOCKQUOTE>

<LI>
また、<A HREF="attribut.htm#ntGroupDeleteGroup">[グループが削除されるとNTグループも削除する]</A>オプションの値も変更できます。</LI>

<LI>
フォームの入力を終えたら、フォーム上部の[新規グループの保存]ボタンをクリックします。</LI>

<BR>エントリの作成をキャンセルするには、フォームを含むウェブ ブラウザ ウィンドウ閉じます。
<LI>
エントリを保存した後、<A HREF="mod.htm#addowner">[NTグループ メンバー]、[所有者]、および[参照]のフィールドに値を追加</A>することができます。</LI>
</OL>

<H2>
<A NAME="ou"></A>組織単位の追加</H2>
新規組織のエントリを追加するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
[新規エントリ]タブをクリックします。</LI>

<LI>
[新規エントリ]フォームで概説されているステップに従います。このフォームの入力を終えたら、[継続]をクリックします。この操作をキャンセルするには、ブラウザ ウィンドウの[戻る]ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
新規エントリの追加を試みる前に認証していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>するようプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ディレクトリに組織単位を追加する際には、その組織のデータの編集を可能にするフォームが表示されます。このフォームは、新規ウェブ ブラウザ ウィンドウに表示されます。必須フィールドには必ず値を入力しなければなりません。組織単位の必須フィールドは<A HREF="attribut.htm#ou">[単位名]</A>です。</LI>

<LI>
オプションのフィールドには、値を今入力することも、後で追加することもできます。組織単位のオプションのフィールドは以下の通りです。</LI>
 
<CENTER><TABLE BORDER=2 >
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#l">[場所]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A> </TD>

<TD> </TD>

<TD> </TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
<P>
<LI>
フォームの入力を終えたら、フォーム上部の[新規組織単位の保存]ボタンをクリックします。エントリの作成をキャンセルするには、フォームを含むウェブ ブラウザ ウィンドウ閉じます。</LI>
</OL>

<H2><A NAME="o"></A>組織の追加</H2>
新規組織のエントリを追加するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
[新規エントリ]タブをクリックします。</LI>

<LI>
[新規エントリ]フォームで概説されているステップに従います。このフォームの入力を終えたら、[継続]をクリックします。この操作をキャンセルするには、ブラウザ ウィンドウの[戻る]ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
新規エントリの追加を試みる前に認証していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>するようプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ディレクトリ ツリーに最初に情報をセットアップする場合に限り、組織の追加がサポートされています。追加する組織は、Directory Serverのインストール時に[データベース サブツリー]フィールドで指定した組織と一致していなければなりません。たとえば、</LI>

<PRE>o=Airius.com</PRE>の値を[データベース サブツリー]フィールドに指定した場合は、組織を追加する際にも、
<PRE>o=Airius.com</PRE>の値を指定する必要があります。Directory Serverは、データベース サブツリーとディレクトリ エントリが共存可能であるかを確認するため、追加操作をチェックします。明らかに<PRE>o=Airius.com</PRE>以外の値は、
<PRE>o=Airius.com</PRE>の下には共存できません。その結果、追加操作は拒否されます。

<LI>
必須フィールドである<A HREF="attribut.htm#o">[組織名]</A>には必ず値を入力しなければなりません。</LI>

<LI>
オプションのフィールドには、値を今入力することも、後で追加することもできます。組織のオプションのフィールドは以下の通りです。</LI>
<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2 >
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#l">[場所]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A> </TD>

<TD> </TD>

<TD> </TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
<P>
<LI>
フォームの入力を終えたら、フォーム上部の[新規組織の保存]ボタンをクリックします。エントリの作成をキャンセルするには、フォームを含むウェブ ブラウザ ウィンドウ閉じます。</LI>
</OL>

</BODY>
</HTML>




--- NEW FILE attribut.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<html>
<!-- HEAD -->
<title></title>
</head>

<body>

<A NAME="996822">
<H1>
</H1>
</A>
<A NAME="997293">
<P>
</A><A NAME="1002619">
<H1>属性
</H1>
</A>

<A NAME="996830">
<br>
この付録では、属性の定義について解説しています。Directory Serverで使用されるスキーマ属性の大部分は標準LDAPプロトコルの一部であり、X.500規格に基づいています。しかし、Directory Serverの属性のなかには、 LDAPの導入に使用するためにNetscape社が作成した拡張もあります。属性がNetscape社によって作成されたもので、標準LDAPスキーマの一部でない場合は、そのオブジェクト クラスや属性の説明にその旨が示されています。<P></A>

<A NAME="1071459">
Directory Serverスキーマの内容および用途に関する詳細は、『Netscape Directoryの導入』をご覧ください。<P></A>

<A NAME="1078428">
スキーマにおけるオブジェクト クラスに関する詳細は、<a href="objclass.htm#1002619">付録 A「オブジェクト クラス」</a>をご覧ください。<P></A>


<A NAME="1020843"> 
</A>
<A NAME="Attribute Definitions">
<H2>属性の定義</H2>
</A>

<A NAME="1004519">
以下に、ディレクトリ ツリー内のエントリの記述に使用された属性が定義されています。各オブジェクト クラスに必要でしかも許可されている属性を判定するには、<a href="objclass.htm#1002619">付録 A「オブジェクト クラス」</a>をご覧ください。<P></A>

<A NAME="1004699">
属性情報の性質を記述する構文の定義が、属性ごとに記載されています。この構文は、Directory Serverでソートやパターンマッチを実行しているときに限り重要となります。それ以外の場合、例えば、識別名を要求する属性に電話番号を入力するような場合に、入力を制限するものではありませ。<P></A>

<A NAME="1067002">
可能な属性構文:<P></A>
<ul><A NAME="1004700">
<LI>bin -- バイナリ<BR>
</A>
<A NAME="1004701">
<LI>ces -- 大文字小文字を区別する文字列 (比較の際に大小文字が一致する必要があります。)<BR>
</A>
<A NAME="1004702">
<LI>cis -- 大文字小文字を区別しない文字列 (比較の際に大小文字の区別が無視されます。)<BR>
</A>
<A NAME="1004703">
<LI>tel -- 電話番号 (cisと同じですが、比較の際にブランクとダッシュ (-) が無視されます。)<BR>
</A>
<A NAME="1004704">
<LI>dn -- 識別名<BR>
</A>
<A NAME="1243260">
<LI>int -- æ•´æ•°<BR>
</A>
<A NAME="1251525">
<LI>operational -- 予約されています。検索結果には、動作属性は表示されません。<BR>
</A>
</ul>
<A NAME="1072472">
標準的な属性は、次のファイルで定義されています。<P></A>
<A NAME="1072513">
<PRE>	NSHOME/slapd-[server]/config/slapd.at.conf
</PRE>
</A>


<A NAME="1201644"> 
</A>
<A NAME="abstract">
<H3> abstract</H3>
</A>



<A NAME="1201645">
ドキュメント エントリの概要を示します。<P></A>

<A NAME="1201648">
構文: <a href="attribut.htm#1004702">cis</a><P></A>


<A NAME="1104078"> 
</A>
<A NAME="accountUnlockTime">
<H3> accountUnlockTime</H3>
</A>



<A NAME="1154996">
ディレクトリへのバインドに指定回数失敗した後、ユーザー アカウントのロックが解除されるまでの時間を秒数で定義します。<P></A>
<A NAME="1154997">
<PRE>	accountUnlockTime: 600
</PRE>
</A>

<A NAME="1104080">
構文: <a href="attribut.htm#1004702">cis operational</a><P></A>


<A NAME="1171292"> 
</A>
<A NAME="aci">
<H3> aci</H3>
</A>



<A NAME="1171293">
このエントリに関するDirectory Serverのアクセス制御情報を保存します。例:<P></A>
<A NAME="1171294">
<PRE>	aci: (target="ldap:///<I>o=Airius.com</I>")(version 3.0;<br>
	 acl "anonymous access"; allow (read, search, compare)<br>
	 userdn=ldap:///self;)
</PRE>
</A>

<A NAME="1171296">
構文: <a href="attribut.htm#1004700">ces</a><P></A>

<A NAME="1171297">
この属性は標準LDAPスキーマへのNetscape社の拡張です。<P></A>


<A NAME="1032956"> 
</A>
<A NAME="administratorContactInfo">
<H3>administratorContactInfo</H3>
</A>



<A NAME="1032957">
Netscapeサーバーの管理責任者に関する情報への、URLを供給します。この属性はNetscape社の拡張機能で、<a href="attribut.htm#">netscapeServer</a>オブジェクト クラスが使用します。通常、この属性と属性値は、Netscapeサーバーを初めてインストールする際に、ディレクトリに書き込まれます。例: <P></A>
<A NAME="1032959">
<PRE>	administratorContactInfo: ldap://<I>uid=ssarette, o=Airius.com
</I></PRE>
</A>

<A NAME="1098446">
構文: <a href="attribut.htm#1004702">cis</a><P></A>


<A NAME="1098448"> 
</A>
<A NAME="adminUrl">
<H3>adminUrl</H3>
</A>



<A NAME="1098449">
Netscapeサーバーを管理できるアドミニストレーション サーバーへの、URLを供給します。この属性はNetscape社の拡張機能で、<a href="attribut.htm#">netscapeServer</a>オブジェクト クラスが使用します。通常、この属性と属性値は、Netscapeサーバーを初めてインストールする際に、ディレクトリに書き込まれます。 例:<P></A>
<A NAME="1033050">
<PRE>	adminUrl: http://twain.airius.com:2468
[...6771 lines suppressed...]

<A NAME="1172625">
一意性を保証するために各名前にuniqueIdentifierが与えられた、エントリと関係する名前のグループを示します。uniqueMemberの属性値はuniqueIdentifierが後に続くDNです。<P></A>

<A NAME="1172627">
構文: <a href="attribut.htm#1100403">dn</a><P></A>


<A NAME="1202817"> 
</A>
<A NAME="updatedByDocument">
<H3> updatedByDocument</H3>
</A>



<A NAME="1217372">
ドキュメント エントリの更新バージョンであるドキュメントの識別名が含まれます。<P></A>

<A NAME="1202821">
構文: <a href="attribut.htm#1100403">dn</a><P></A>


<A NAME="1202824"> 
</A>
<A NAME="updatesDocument">
<H3> updatesDocument</H3>
</A>



<A NAME="1217396">
更新バージョンであるこのドキュメントの元のドキュメントの識別名が含まれます。<P></A>

<A NAME="1202825">
構文: <a href="attribut.htm#1100403">dn</a><P></A>


<A NAME="1208938"> 
</A>
<A NAME="userCertificate">
<H3>userCertificate</H3>
</A>



<A NAME="1208940">
ユーザーの証明書のテキストコード バージョンを含みます。これはお薦めしません。代わりにuserCertificate;binaryをご使用ください。<P></A>

<A NAME="1208942">
構文: <a href="attribut.htm#1004700">bin</a><P></A>


<A NAME="1208946"> 
</A>
<A NAME="userCertificate;binary">
<H3> userCertificate;binary</H3>
</A>



<A NAME="1208948">
ユーザーの証明書がバイナリ形式で含まれます。<P></A>

<A NAME="1208950">
構文: <a href="attribut.htm#1004700">bin</a><P></A>


<A NAME="1202840"> 
</A>
<A NAME="userClass">
<H3> userClass</H3>
</A>



<A NAME="1214739">
コンピュータ ユーザーのカテゴリを示します。この属性の意味は任意のものです。organizationalStatus属性ではコンピュータ ユーザーと他のユーザーの区別がないため、適用性が高い場合があります。例:<P></A>
<A NAME="1202842">
<PRE>	userClass: intern
</PRE>
</A>

<A NAME="1202844">
構文: <a href="attribut.htm#1004702">cis</a><P></A>


<A NAME="1202847"> 
</A>
<A NAME="uid">
<H3> uid</H3>
</A>



<A NAME="1202848">
エントリのユーザーID(通常はログオン ID)を示します。例:<P></A>
<A NAME="1202849">
<PRE>	userid: banderson
</PRE>
</A>

<A NAME="1202850">
または、<P></A>
<A NAME="1202851">
<PRE>	uid: banderson
</PRE>
</A>

<A NAME="1202853">
<a href="attribut.htm#">略号</a>: uid<P></A>

<A NAME="1202855">
構文: <a href="attribut.htm#1004702">cis</a><P></A>


<A NAME="1196547"> 
</A>
<A NAME="userPassword">
<H3> userPassword</H3>
</A>



<A NAME="1196548">
エントリのパスワードと暗号化方法を、{暗号化方法}暗号化パスワードの形式で示します。<P></A>

<A NAME="1196550">
例:<P></A>
<A NAME="1196551">
<PRE>	userPassword: {sha}FTSLQhxXpA05
</PRE>
</A>

<A NAME="1196553">
構文: <a href="attribut.htm#1004700">bin</a><P></A>


<A NAME="1103595"> 
</A>
<A NAME="userSMIMECertificate;binary">
<H3>userSMIMECertificate;binary</H3>
</A>



<A NAME="1103596">
S/MIMEでNetscape Communicatorが使用します。例: <P></A>

<A NAME="1235505">
構文: <a href="attribut.htm#1004700">bin</a><P></A>


<A NAME="1202876"> 
</A>
<A NAME="x121Address">
<H3> x121Address</H3>
</A>



<A NAME="1202877">
ユーザーのX.121アドレスを定義します。<P></A>

<A NAME="1202880">
構文: <a href="attribut.htm#1004701">ces</a><P></A>


<A NAME="1235525"> 
</A>
<A NAME="x500UniqueIdentifier">
<H3> x500UniqueIdentifier</H3>
</A>



<A NAME="1235526">
未定義。 <P></A>

<A NAME="1235529">
構文: <a href="attribut.htm#1004700">bin</a><P></A>
<a name="1241249">
<BLOCKQUOTE>


</BLOCKQUOTE>
</a>

<p>

<hr width="80%" size="2">
<FONT SIZE="-2">
<CENTER>
Copyright 1997 Netscape Communications Corporation. All rights reserved.
</CENTER>
</FONT>

</body>
</html>



--- NEW FILE auth.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<html>
<!-- HEAD -->

<title>ディレクトリへの認証</title>
</head>
<body>

<h1><a name="authenticating"></a>認証</h1>

<p>認証は、Directory Serverに身分を証明する処理です。認証処理によって、Directory Serverは、ユーザに許可するディレクトリの操作を決めることができます。しかし、認証は必ず必要であるとは限らないことに注意してください。ディレクトリ管理者は、ある処理に対しては許可を不要にするようにシステムを設定することができます。</p>

<p>デフォルトでは、ディレクトリ管理者以外のすべてのユーザは、ディレクトリへのアクセスを拒否されます。ディレクトリ管理者がディレクトリへのアクセス権の付与または削除を行います。このような許可はサイトごとに決定されるため、自分が保持しているディレクトリへのアクセス権の種類やどの操作に認証が必要かについては、ディレクトリ管理者に尋ねてください。</p>

<p>本章の内容:</p>

<ul>
    <li><a href="#ustand">ディレクトリ アクセスについて</a></li>
    <li><a href="#userauth">ディレクトリへの認証</a></li>
    <li><a href="#logout">ディレクトリからのログアウト</a></li>
    <li><a href="#incorrectauth">不適切な認証によって発生する問題</a></li>
</ul>

<h2><a name="ustand"></a>ディレクトリ アクセスについて</h2>

<p>ディレクトリへのアクセスの必要なユーザや必要とされるアクセス タイプを決定することは、ディレクトリ管理者の重要な仕事の1つです。ディレクトリ管理者は、アクセス制御機構を使用して、ディレクトリへのアクセス許可を付与または禁止します。アクセス制御機構を使用して、ディレクトリ管理者は以下のアクセス権を付与または禁止できます。
 </p>

<ul>
    <li>すべての未認証のユーザに対するアクセス権(これは匿名アクセスと呼ばれます) </li>
    <li>すべての認証ユーザに対するアクセス権</li>
    <li>特定の認証ユーザまたはグループに対するアクセス権</li>
    <li>特定のマシンまたはDNSドメインからのアクセス権</li>
    <li>特定の時間または曜日におけるアクセス権</li>
    <li>認証方法に基づくアクセス権</li>
</ul>

<p>管理者が割り当てる特定の権限は、ユーザによって異なることもあります。例えば、匿名ユーザには読込みおよび検索のアクセス権のみが通常付与されますが、特定の認証ユーザ、またはグループのみに書込みアクセス権が付与されたり、または特定のマシンから操作にのみ書込みアクセス権が付与されることもあります。</p>

<p>ディレクトリ管理者がディレクトリに許可を適用して実行できる操作を、以下にいくつか示します。ディレクトリ管理者が実行可能なこと:</p>

<ul>
    <li>任意の方法でディレクトリにアクセスする前に認証を義務付ける</li>
    <li>ディレクトリの特定のサブセクションにアクセスする前に認証を義務付ける </li>
    <li>エントリの追加または変更など、ディレクトリにおける特定の操作を実行する前に認証を義務付ける</li>
    <li>ディレクトリ全体または一部へのアクセスを拒否したり、または特定の操作の実行を拒否する</li>
    <li>ディレクトリ全体または一部の匿名アクセスを許可する </li>
    <li>ある種の動作(検索など)の匿名アクセスを許可するが、その他の操作(変更など)の匿名アクセスを禁止する</li>
    <li>現在使用中の物理的マシンに基づいてアクセスを許可または拒否する </li>
</ul>

<p>Directory Serverゲートウェイインタフェースでは、ディレクトリ アクセスを試みる前に認証が義務付けられているかどうかを認識する手段がありません。しかし、このインタフェースでは、任意の方法でユーザがディレクトリ ツリーを変更する前に認証が必要であることが設定されており、現在ユーザが認証していない場合は、変更前に認証するようプロンプトが表示されます。認証しない場合は、ディレクトリ管理者が匿名アクセス用に設定した操作とディレクトリ部分へのアクセスのみが許可されます。</p>

<!--<p>アクセス制御の詳細は、『Directory Server管理者用ガイド』をご覧ください。</p>-->

<h2><a name="userauth"></a>ディレクトリへの認証</h2>

<p>場合によっては、ある操作前に認証するようプロンプトが自動的に表示されます。 また、[認証]タブをクリックして、明示的に認証を選択することもできます。いずれの場合も、認証過程は以下の通りです。</p>

<ol>
    <li>[認証]タブをクリックします。</li>
    <li>Directory Serverに身分を証明するために使用する名前を入力します。
          <ul type="disc">
            <li><a name="userauth2"></a>通常のユーザとして認証するには、氏名を入力して[継続]をクリックします。<br>
                Directory Serverに表示される通りに名前(一般名、氏名あるいはユーザID)を入力します。
                ローカルのオペレーティング システムのユーザIDまたはログインを入力しないでください。 </li>
            <li><a name="managerauth2"></a>特権のあるディレクトリ ユーザとして認証するには、<b>[ディレクトリ管理者として認証]</b>ボタンをクリックします。</li>
        </ul>
    </li>
    <li>一致するエントリのテーブルが複数表示された場合は、ディレクトリ エントリに対応するリンクを選択します。名前がディレクトリにおいて固有のものである場合は、システムはこのステップを飛ばします。</li>
    <li>パスワードを入力して[継続]をクリックします。<br>
        自分のパスワードが不明の場合は、ディレクトリ管理者にお尋ねください。<br>
        <a name="authsuccess"></a>認証動作の完了に成功したら、認証の有効時間を示すメッセージが表示されます。この時間が過ぎたら、セッションを継続するためにディレクトリに再度認証する必要があります。パスワードが失効していれば、その場でパスワードを変更するか、システム管理者に連絡してください。</li>
    <li>[メインへ戻る]をクリックしてDirectory Serverインタフェースのセッションを継続します。</li>
</ol>

<h2><a name="logout"></a>ディレクトリからのログアウト</h2>

<p>Directory Serverに既に認証済みで、匿名アクセスに戻る場合は、以下を実行してください。</p>

<ol>
    <li>[認証]タブをクリックします。</li>
    <li> <b>[認証の破棄(ログアウト)]</b>ボタンをクリックします。 </li>
</ol>

<p>これで匿名アクセスに戻ります。アクセスのタイプを変更するには、再度Directory Serverに認証する必要があります。詳細は、<a
href="#userauth2">「ユーザとして認証」</a>または<a
href="#managerauth2">「ディレクトリ管理者として認証」</a>をご覧ください。</p>

<h2><a name="reauth"></a>ディレクトリへの再度認証</h2>

<p>ディレクトリに認証すると、特定時間有効な認証証明書が付与されます。デフォルトでは、認証証明書は120分間有効です。ただし、ディレクトリ管理者が有効期間を設定することができます。Directory Serverインタフェースの使用が終わる前に認証証明書が失効する場合、変更を保存するにはディレクトリに再度認証する必要があります。ディレクトリへの再度認証手順は、最初にディレクトリへの<a href="#userauth">認証</a>に使用したものと同じです。</p>

<h2><a name="incorrectauth"></a>不適切な認証によって発生する問題</h2>

<p>Directory Serverに認証していない場合は、匿名ユーザとしてディレクトリにアクセスしています。匿名ユーザとして実行可能な動作のタイプは、ディレクトリ管理者によって設定されたアクセス制御によって異なります。検索などのディレクトリ操作の実行を試みると、奇妙な動作をすることがあります。Directory Serverインタフェースによって明示的に示されてはいませんが、発生する異常は不適切な認証によることが考えられます。インタフェース上でこの情報を提供しないのは、それによってセキュリティが弱められる可能性があるからです。</p>

<p>下表には、一般的な問題の兆候、考えられる原因、および問題の解決策がリストされています。</p>

<table border="2">
    <tr>
        <th width="30%"><b>兆候</b></th>
        <th><b>原因</b></th>
        <td width="30%"><b>解決策</b></td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top" width="30%">検索結果が何もない。</td>
        <td valign="top">入力した検索文字列に一致するエントリがないか、またはこのタイプの検索動作の実行前にディレクトリへの認証が義務付けられています。</td>
        <td valign="top" width="30%">異なった検索動作を試してみてください。または、入力した基準に一致するエントリが必ずあることが分かっている場合は、ディレクトリに<a href="#userauth">認証</a>します。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top" width="30%">検索結果にエントリが欠けているか、または戻されたエントリから属性情報が欠けている。</td>
        <td valign="top">正しく認証していないか、あるいは情報へのアクセス権が付与されていません。ディレクトリ管理者は、ディレクトリ ツリー全体または一部でエントリまたは特定のエントリ属性にアクセスするのに認証が必要であることを指定できます。この場合、情報が存在するか、さらにその情報にアクセスする権限をユーザが保持しているかはDirectory Serverでは示されません。代わりに、情報がまったく存在しないかのように動作します。ツリーにおける特定の情報を表示できなくても、それが存在することを知っていることは、セキュリティ上のリスクとなりうるとの配慮から、このように動作するようになっています。 </td>
        <td valign="top" width="30%">正しく<a
        href="#userauth">認証されている</a>ことを確認してください。必要なディレクトリ情報にアクセス権があることをディレクトリ管理者に確認します。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top" width="30%">完了後、動作に失敗する。</td>
        <td valign="top">不適切な認証のため、ディレクトリが動作に失敗しています。あたかもインタフェースのフォームの動作が失敗しているように見えますが、フォームは動作をDirectory Serverに動作を受け渡すだけで、実際はDirectory Serverが動作に失敗しています。Directory Serverインタフェースは、単に動作の結果を報告するだけのものです。現在、LDAPプロトコルでは、動作が試みられる前に認証が必要であるかがインタフェースによって認識できないようになっているために、この事態が発生します。ディレクトリ エントリの作成または変更中に認証が失効した場合に限り、このインタフェース使用中にこの事態が発生することがあります。</td>
        <td valign="top" width="30%">正しく<a
        href="#userauth">認証されている</a>ことと認証が失効していないことを確認してください。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top" width="30%">認証過程中にエントリのテーブルが表示される。</td>
        <td valign="top">氏名がディレクトリにおいて固有のものでないか、または入力した名前がディレクトリに存在しません。</td>
        <td valign="top" width="30%">エントリがテーブルに表示されたら、対応するリンクを選択し、  <a href="#userauth">認証</a>過程を継続します。<p>エントリがテーブルに表示されない場合は、
        <strong>[キャンセル]</strong>
        をクリックし、<a href="#userauth">認証</a>
        を再度試みます。ユーザIDでなく、氏名を必ず使用してください。</p>
        </td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top" width="30%">ユーザ名は正しいのに、認証に失敗した。</td>
        <td valign="top">パスワードが正しくありません。 <p>有効なユーザ名と正しくないパスワードを入力し、しかも入力したユーザ名がNTユーザのエントリを示す場合は、Windowsネットワークで認証が試みられます。</p>
        <p>それが成功しなかったり、入力したユーザ名がNTユーザのエントリを示さない場合は、再度実行、ウィンドウを閉じる、またはヘルプのオプションが与えられます。</p>
        </td>
        <td valign="top" width="30%"><strong>[Retry]</strong>
        をクリックしてパスワードを再度入力します。</td>
    </tr>
</table>

<p> </p>
</body>
</html>




--- NEW FILE contents.html ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<HTML>
<!-- HEAD -->
   <TITLE>Directory Serverインタフェースの目次</TITLE>
</HEAD>
<BODY BGCOLOR="#FFFFFF">

<H1>
目次</H1>

<H2>
<A HREF="intro.htm">第1章 Directory Serverインタフェースについて</A></H2>

<H2>
<A HREF="search.htm">第2章 ディレクトリ ツリーの検索 </A></H2>

<DL>
<DD>
<A HREF="search.htm#standard">標準検索</A></DD>

<DL>
<DD>
<A HREF="search.htm#Performing a Standard Search">[標準検索]の実行</A></DD>

<DL>
<DD>
<A HREF="search.htm#Name">氏名の検索</A></DD>

<DD>
<A HREF="search.htm#initials">イニシャルを伴なう氏名の検索</A></DD>

<BR><A HREF="search.htm#phone">電話番号の検索</A>
<BR><A HREF="search.htm#e-mail">電子メール アドレスの検索</A>
<BR><A HREF="search.htm#filter">検索フィルタの使用</A></DL>
</DL>

<DD>
<A HREF="search.htm#advanced">拡張検索</A></DD>

<DL>
<DD>
<A HREF="search.htm#Performing an Advanced Search">[拡張検索]の実行</A></DD>

<DD>
<A HREF="search.htm#Advanced Search Examples">[拡張検索]の例</A></DD>
</DL>

<DD>
<A HREF="search.htm#results">検索結果の表示</A></DD>

<DL>
<DD>
<A HREF="search.htm#nomatch">一致なし</A></DD>

<DD>
<A HREF="search.htm#single">1件の一致</A></DD>

<DD>
<A HREF="search.htm#multiple">複数の一致</A></DD>

<DD>
<A HREF="search.htm#problems">その他の問題</A></DD>
</DL>
<A HREF="search.htm#vCard">vCardの表示</A>
<DL>
<H2>
<A HREF="add.htm">第3章 エントリの追加</A></H2>

<DL>
<DD>
<A HREF="add.htm#guidelines">新規エントリに関するガイドライン</A></DD>

<DL>
<DD>
<A HREF="add.htm#tree">ディレクトリ ツリー構造</A></DD>

<DD>
<A HREF="add.htm#DN">識別名の構文</A></DD>

<DD>
<A HREF="add.htm#uniqueDN">固有の識別名</A></DD>
</DL>

<DD>
<A HREF="add.htm#person">ユーザの追加</A></DD>

<DD>
<A HREF="add.htm#NTperson">NTユーザの追加</A></DD>

<DD>
<A HREF="add.htm#group">グループの追加</A></DD>

<DD>
<A HREF="add.htm#NTgroup">NTグループの追加</A></DD>

<DD>
<A HREF="add.htm#ou">組織単位の追加</A></DD>

<DD>
<A HREF="add.htm#o">組織の追加</A></DD>
</DL>

<H2>
<A HREF="mod.htm">第4章 エントリの編集</A></H2>

<DL>
<DD>
<A HREF="mod.htm#people">ユーザの編集</A></DD>

<DL>
<DL><A HREF="mod.htm#addmanager">[マネージャ]と[秘書]フィールドへの値の追加
</A></DL>
</DL>

<DD>
<A HREF="mod.htm#ntpeople">NTユーザの編集</A></DD>

<DD>
<A HREF="mod.htm#groups">グループの編集</A></DD>

<DL>
<DD>
<A HREF="mod.htm#addowner">[同時参照]、[所有者]、および[グループ メンバー]フィールドへの
値の追加</A></DD>
</DL>

<DD>
<A HREF="mod.htm#NTgroups">NTグループの編集</A></DD>

<DD>
<A HREF="mod.htm#ou">組織単位の編集</A></DD>

<DD>
<A HREF="mod.htm#o">組織の編集</A></DD>

<DD>
<A HREF="mod.htm#rename">エントリ名の変更</A></DD>

<DD>
<A HREF="mod.htm#delete">エントリの削除</A></DD>

<DD>
<A HREF="mod.htm#changepw">パスワードの変更</A></DD>
</DL>

<H2>
<A HREF="auth.htm">第5章 認証</A></H2>

<DL>
<DD>
<A HREF="auth.htm#ustand">ディレクトリ アクセスについて</A></DD>

<DD>
<A HREF="auth.htm#userauth">ディレクトリへの認証</A></DD>

<DD>
<A HREF="auth.htm#logout">ディレクトリからのログアウト</A></DD>

<DD>
<A HREF="auth.htm#incorrectauth">不適切な認証によって発生する問題</A></DD>
</DL>
<P>
<H2><A HREF="attribut.htm">属性</A></H2>

</BODY>
</HTML>



--- NEW FILE filters.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<HTML>

<!-- HEAD-->
   <TITLE>Netscape ディレクトリ インタフェィス 検索フィルタ</TITLE>

</HEAD>

<BODY>



<P><A NAME="1001595"></A></P>



<P><A NAME="1001596"></A></P>



<P><A NAME="996824"></A></P>



<H1>検索フィルタ</H1>



<P><A NAME="997436"></A>本章では、検索フィルタおよび<A HREF="filters.htm#1018239">検索の仕組み</A>を説明しています。</P>



<P><A NAME="Search Filters"></A><A NAME="1018822"></A></P>



<H2>検索フィルタ</H2>



<P><A NAME="1018489"></A>検索範囲を限定するために、 <A HREF="search.htm#1015771">[標準検索]</A>フィールドに直接検索フィルタを指定できます。検索に等号記号(=)が含まれる場合は、[標準検索]では値が検索フィルタであるものと想定され、このフィルタが直接使用されて検索が実行されます。</P>



<P><A NAME="1018092"></A>検索フィルタでは、[標準検索]のために戻されるエントリを選択するのに、属性の値が使用されます。例えば、次の検索フィルタでは、Babs Jensenに等しい一般名の検索が指定されます。</P>



<P><A NAME="1018094"></A></P>



<UL>

<UL>

<PRE>cn=babs jensen

</PRE>

</UL>

</UL>



<P><A NAME="Search filter syntax"></A><A NAME="1018095"></A></P>



<H3>検索フィルタの構文</H3>



<P><A NAME="1018096"></A>検索フィルタの基本構文:</P>



<P><A NAME="1018097"></A></P>



<UL>

<UL>

<PRE><A HREF="filters.htm#1019127">属性</A> <A HREF="filters.htm#1019138">演算子</A>値

</PRE>

</UL>

</UL>



<P><A NAME="1019085"></A>例: </P>



<P><A NAME="1019086"></A></P>



<UL>

<UL>

<PRE>employeenumber >= 100 

</PRE>

</UL>

</UL>



<P><A NAME="1019090"></A>上記の例では、<TT>employeenumber</TT>は属性、<TT>>=</TT> は演算子、100は値です。
</P>



<P><A NAME="1019104"></A><A HREF="filters.htm#1018167">異なった属性の組合せ</A>を使用するフィルタも定義できます。 </P>



<P><A NAME="Using attributes in a filter"></A><A NAME="1019127"></A></P>



<H4>フィルタにおける属性の使用</H4>



<P><A NAME="1019162"></A>エントリの検索の際に、そのタイプのエントリと関係する属性を指定できます。例えば、ユーザに関するエントリを検索する場合、特定の一般名を持つユーザの検索に<TT>cn</TT>属性を使用できます。</P>



<P><A NAME="1019183"></A>ユーザに関するエントリの例として次のものが含まれることがあります。</P>



<UL>

<P><A NAME="1019188"></A></P>



<LI><TT>cn</TT> (ユーザの一般名) <A NAME="1019189"></A></LI>



<LI><TT>telephonenumber</TT> (ユーザの電話番号) <A NAME="1019190"></A></LI>



<LI><TT>employeenumber</TT> (ユーザの社員番号) <A NAME="1019191"></A></LI>



<LI><TT>l</TT> (ユーザの場所) </LI>

</UL>



<P><A NAME="1019184"></A>エントリに関係する属性のリストについては、<A HREF="attribut.htm#1002619">付録A「エントリと属性のフィールド」</A>をご覧ください。 検索フィルタにおいて内部属性名を使用する必要があることに注意してください。</P>



<P><A NAME="Using operators in a filter"></A><A NAME="1019138"></A></P>



<H4>フィルタにおける演算子の使用</H4>



<P><A NAME="1018153"></A>演算子で以下のタイプの検索を定義します。</P>



<TABLE BORDER=2 >

<CAPTION></CAPTION>



<TR>

<TH><A NAME="1018101"></A><B>検索タイプ</B> </TH>



<TH><A NAME="1018103"></A><B>演算子</B> </TH>



<TH><A NAME="1018105"></A><B>説明</B> </TH>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018107"></A>等号</TD>



<TD><A NAME="1018109"></A>= </TD>



<TD><A NAME="1018111"></A>指定値に一致する属性を含むエントリが戻されます。例:

<UL>

<P><A NAME="1019083"></A><TT>cn=Bob Johnson</TT></P>

</UL>

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018113"></A>副文字列</TD>



<TD><A NAME="1018115"></A>=<文字列>*<文字列> </TD>



<TD><A NAME="1018117"></A>指定副文字を持つ 列属性を含むエントリが戻されます。例:
<UL>

<P><A NAME="1018118"></A><TT>cn=Bob*</TT></P>



<P><A NAME="1018119"></A><TT>cn=*Johnson</TT></P>



<P><A NAME="1018120"></A><TT>cn=*John*</TT></P>



<P><A NAME="1018121"></A><TT>cn=B*John</TT></P>

</UL>

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018123"></A>大なりまたは等価</TD>



<TD><A NAME="1018125"></A>>= </TD>



<TD><A NAME="1018127"></A>指定値より大きいか、等しい属性を含むエントリが戻されます。例:

<UL>

<P><A NAME="1018128"></A><TT>employeenumber >= 100</TT></P>

</UL>

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018130"></A>小なりまたは等価</TD>



<TD><A NAME="1018132"></A><= </TD>



<TD><A NAME="1018134"></A>指定値より小さいか、等しい属性を含むエントリが戻されます。例:
<UL>

<P><A NAME="1018135"></A><TT>employeenumber <= 100</TT></P>

</UL>

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018137"></A>存在</TD>



<TD><A NAME="1018139"></A>=* </TD>



<TD><A NAME="1018141"></A>指定属性を含むエントリが戻されます。例:

<UL>

<P><A NAME="1018142"></A><TT>cn=*</TT></P>



<P><A NAME="1018143"></A><TT>telephonenumber=*</TT></P>



<P><A NAME="1018144"></A><TT>manager=*</TT></P>

</UL>

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018146"></A>è¿‘ä¼¼</TD>



<TD><A NAME="1018148"></A>~= </TD>



<TD><A NAME="1018150"></A>指定値にほぼ等しい指定属性を含むエントリが戻されます。例:

<UL>

<P><A NAME="1018151"></A><TT>cn~=surette</TT></P>



<P><A NAME="1018152"></A><TT>l~=san fransico</TT></P>

</UL>

</TD>

</TR>

</TABLE>



<TABLE>

<TR>

<TD></TD>

</TR>

</TABLE>



<P><A NAME="1018160"></A>これらの検索タイプの詳細は、<A HREF="filters.htm#1018239">「検索の仕組み」</A>をご覧ください。

</P>



<P><A NAME="Using multiple search filters"></A><A NAME="1018167"></A></P>



<H4>複数の検索フィルタの使用</H4>



<P><A NAME="1018168"></A>ブール演算子を使用して、異なった検索フィルタを組み合わせることができます。接頭辞表記に以下の演算子を使用できます。</P>



<P><A NAME="1018169"></A></P>



<UL>

<PRE>(<I>ブール_演算子</I>((<I>フィルタ</I>)(<I>フィルタ</I>)(<I>フィルタ</I>)...))

</PRE>

</UL>



<P><A NAME="1018170"></A>この場合、ブール_演算子は、任意の<A HREF="filters.htm#1018173">ブール演算子</A>です。例: </P>



<P><A NAME="1019218"></A></P>



<UL>

<PRE>(&(ou=Marketing)(cn=Ray*))

</PRE>

</UL>



<P><A NAME="1019216"></A>上記の例では、フィルタの組合せによって、組織単位がMarketing (<TT>ou=Marketing</TT>)で、一般名がRay (<TT>cn=Ray*</TT>)で始まるエントリが検索されます。And(<TT>&</TT>)のブール演算子は、この演算子が検索基準を先行する接頭辞表記法で使用されています。</P>



<P><A NAME="1019228"></A>さらに、以下のように、複雑な式を形成するのにブール演算子を入れ子にすることもできます。</P>



<P><A NAME="1018171"></A></P>



<UL>

<PRE>(ブール_演算子(フィルタ)((ブール_演算子(フィルタ)(フィルタ)))

</PRE>

</UL>



<P><A NAME="Boolean operators"></A><A NAME="1018173"></A></P>



<H4>ブール演算子</H4>



<P><A NAME="1018202"></A>検索フィルタとともに使用できるブール演算子: </P>



<TABLE BORDER=2 >

<CAPTION></CAPTION>



<TR>

<TH><A NAME="1018176"></A><B>演算子</B> </TH>



<TH><A NAME="1018178"></A><B>記号</B> </TH>



<TH><A NAME="1018180"></A><B>説明</B> </TH>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018182"></A>And </TD>



<TD><A NAME="1018184"></A>& </TD>



<TD><A NAME="1018186"></A>文が真であるためには、すべての指定フィルタが真でなければなりません。例:

<UL>

<P><A NAME="1018187"></A><TT>(&(フィルタ1)(フィルタ2)(フィルタ3)...)</TT></P>

</UL>



<P><A NAME="1019015"></A>エントリが一致するためには、フィルタ1、フィルタ2、およびフィルタ3がすべて真でなければなりません。</P>

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018189"></A>Or </TD>



<TD><A NAME="1018191"></A>| </TD>



<TD><A NAME="1018193"></A>文が真であるためには、最低一つの指定フィルタが真でなければなりません。例:

<UL>

<P><A NAME="1018194"></A><TT>(|(フィルタ1)(フィルタ2)(フィルタ3)...)</TT></P>

</UL>



<P><A NAME="1019024"></A>フィルタ1、フィルタ2、またはフィルタ3の一つでも一致すると、エントリが戻されます。</P>

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018196"></A>Not </TD>



<TD><A NAME="1018198"></A>! </TD>



<TD><A NAME="1018200"></A>文が真であるためには、指定された文が真であってはなりません。一つのフィルタのみがNot演算子によって影響されることに注意してください。例:


<UL>

<P><A NAME="1018201"></A><TT>(!(フィルタ))</TT></P>

</UL>



<P><A NAME="1019025"></A>フィルタに一致しないエントリが戻されます。</P>

</TD>

</TR>

</TABLE>



<TABLE>

<TR>

<TD></TD>

</TR>

</TABLE>



<P><A NAME="Search filter examples"></A><A NAME="1018203"></A></P>



<H4>検索フィルタの例</H4>



<P><A NAME="1018204"></A>マネージャ属性を含むエントリが次のフィルタによって検索されます。これは存在検索とも呼ばれます。</P>



<P><A NAME="1018205"></A></P>



<PRE>          manager=*

</PRE>



<P><A NAME="1018206"></A>Ray Kultgenの一般名を含むエントリが次のフィルタによって検索されます。これは等号検索としても呼ばれます。</P>



<P><A NAME="1018207"></A></P>



<PRE>          cn=Ray Kultgen

</PRE>



<P><A NAME="1018208"></A>Ray Kultgenの一般名を含まないエントリが次のフィルタによって戻されます。</P>



<P><A NAME="1018209"></A></P>



<PRE>          (!(cn=Ray Kultgen))

</PRE>



<P><A NAME="1018210"></A>X.500の副文字列を持つ[description]属性を含むエントリが次のフィルタによって戻されます。</P>



<P><A NAME="1018211"></A></P>



<PRE>          description=*X.500*

</PRE>



<P><A NAME="1018212"></A>組織単位がMarketingで、[description]フィールドに副文字列X.500が含まれないエントリが次のフィルタによって戻されます。</P>



<P><A NAME="1018213"></A></P>



<PRE>          (&(ou=Marketing)(!(description=*X.500*)))

</PRE>



<P><A NAME="1018214"></A>組織単位がMarketingで、マネージャがJulie FulmerまたはCindy Zwaskaであるエントリが次のフィルタによって戻されます。</P>



<P><A NAME="1018215"></A></P>



<PRE>          (&(ou=Marketing)(|(manager="cn=Julie
Fulmer,ou=Marketing,o=Airius,c=US")(manager="cn=Cindy
Zwaska,ou=Marketing,o=Airius,
c=US")))

</PRE>



<P><A NAME="1018216"></A>ユーザを示さないエントリが次のフィルタによって戻されます。</P>



<P><A NAME="1018217"></A></P>



<PRE>          (!(objectclass=person))

</PRE>



<P><A NAME="1018218"></A>ユーザ(person)を示さず、しかも一般名(cn)がプリンタ3bに類似したエントリが次のフィルタによって戻されます。</P>



<P><A NAME="1018219"></A></P>



<PRE>          (&(!(objectclass=person))(cn~=printer3b))

</PRE>



<P><A NAME="How searching works"></A><A NAME="1018239"></A></P>



<H2>検索の仕組み</H2>



<P><A NAME="1018240"></A></P>



<BLOCKQUOTE>

<P><B>注: </B></P>

</BLOCKQUOTE>



<P><A NAME="1019880"></A></P>



<BLOCKQUOTE>

<P>Directory Serverインタフェースは、実際、Directory Serverから独立して動作するフォームとCGIプログラムの集まりです。このインタフェースは、Directory Serverに対してLDAPクライアントとして動作するものです。</P>

</BLOCKQUOTE>



<P><A NAME="1019775"></A>以下には、Directory Serverを検索する際の仕組みが説明されています。</P>



<OL>

<P><A NAME="1018241"></A></P>



<LI>フォームを送信すると、Directory Serverに検索フィルタが送信されます。 <A NAME="1018242"></A></LI>



<LI>Directory Serverでは、情報がローカル ディレクトリにあるかを確認するため着信した要求がチェックされます。その情報がローカル ディレクトリになく、[Referral]パラメータがサーバーに設定されている場合は、そのクライアントが要求の追求を試みられる他のDirectory ServerのURLが戻されます。<A NAME="1018244"></A></LI>



<LI>Directory Serverによって、ディレクトリ ツリーからエントリ リストが生成されます。 検索基準に一致するエントリがあるかどうか各候補エントリがチェックされます。一致エントリが検出されるたびに、それがDirectory Serverインタフェースに戻されます。<A NAME="1019576"></A>Directory Serverによって該当するエントリがすべてチェックされるか、または以下の限度の一つに達するまで、この過程が継続されます。</LI>



<UL>

<P><A NAME="1018252"></A></P>



<LI>検索に対して戻されることが許されている最大エントリ数<A NAME="1018259"></A></LI>



<LI>許されている最高検索所要時間 <A NAME="1018266"></A></LI>



<LI>検索中にチェックすることが許されている最大エントリ数

</LI>

</UL>

</OL>



<P><A NAME="1019628"></A>ディレクトリ管理者がこれらの設定を構成できます。検索アルゴリズムの詳細は、『Netscape Directory Server管理者用ガイド』をご覧ください。</P>



<P><A NAME="1019776"></A>以下には、近似検索および副文字列検索の仕組みが説明されています。 </P>



<P><A NAME="How approximate ("></A><A NAME="1018301"></A></P>



<H3>近似(類似)検索の仕組み</H3>



<P><A NAME="1018302"></A>近似検索では入力値に類似した語が検索されます。[拡張検索]インタフェースでは、近似検索はsounds like (類似)検索タイプに対応しています。</P>



<P><A NAME="1019677"></A>例えば、エントリに属性値cn=Robert E Leeが含まれるとします。 近似検索では、Robert Lee、Robert、またはLeeを指定してこのエントリを検索できます。同様に、 San Fransico (l~=San Fransicoのスペル間違いに注意)にほぼ等しい場所の検索では、San Francisco
(l=San Francisco)に完全に一致する場所を含むエントリが戻されます。</P>



<P><A NAME="1018303"></A>Directory Serverでは、エントリの各値が一連の語として処理され、各語の表音コードが作成されます。また、近似検索に値を入力すると、その値が一連の表音コードに翻訳されます。以下の場合にエントリが問合せに一致すると見なされます。</P>



<UL>

<P><A NAME="1018305"></A></P>



<LI>検索基準におけるすべてのコードが生成されたエントリのコードに存在する場合 <A NAME="1018306"></A></LI>



<LI>検索基準におけるすべてのコードが生成されたエントリのコードと同じ順序で指定されている場合</LI>

</UL>



<P><A NAME="1018344"></A>例: </P>



<TABLE BORDER=2 >

<CAPTION></CAPTION>



<TR>

<TH><A NAME="1018309"></A><B>ディレクトリにおける名前<BR>

(表音コード) </B></TH>



<TH><A NAME="1018311"></A><B>検索文字列<BR>

(表音コード) </B></TH>



<TH><A NAME="1018313"></A><B>一致に関する注釈</B> </TH>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018315"></A>Alice B Sarette<BR>

(ALS B SRT) </TD>



<TD><A NAME="1018317"></A>Alice Sarette<BR>

(ALS SRT) </TD>



<TD><A NAME="1018319"></A>一致。コードが正しい順序で指定されています。

</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018321"></A></TD>



<TD><A NAME="1018323"></A>Alice Sarrette<BR>

(ALS SRT) </TD>



<TD><A NAME="1018325"></A>一致。Saretteのスペルが間違っているにも関わらず、コードが正しい順序で指定されています。 </TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018327"></A></TD>



<TD><A NAME="1018329"></A>Surette<BR>

(SRT) </TD>



<TD><A NAME="1018331"></A>一致。Saretteのスペルが間違っているにも関わらず、生成されたコードには元の名前が存在します。</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018333"></A></TD>



<TD><A NAME="1018335"></A>Bertha Sarette<BR>

(BR0 SRT) </TD>



<TD><A NAME="1018337"></A>一致なし。コードBR0は元の名前には存在しません。</TD>

</TR>



<TR>

<TD><A NAME="1018339"></A></TD>



<TD><A NAME="1018341"></A>Sarette, Alice<BR>

(SRT ALS) </TD>



<TD><A NAME="1018343"></A>一致なし、コードが正しい順序で指定されていません。</TD>

</TR>

</TABLE>



<TABLE>

<TR>

<TD></TD>

</TR>

</TABLE>



<P><A NAME="How substring searches work"></A><A NAME="1018345"></A></P>



<H3>副文字列検索の仕組み</H3>



<P><A NAME="1018346"></A>副文字列検索では、入力した値を含むエントリが検索されます。[拡張検索]インタフェースでは、副文字列検索starts with(開始文字)、contains (含有)、およびends with (終了文字)の検索に対応します。</P>



<P><A NAME="1018347"></A>例えば、</P>



<UL>

<UL>

<P><A NAME="1018348"></A><TT>cn=*derson</TT><BR>

</P>

</UL>

</UL>



<P><A NAME="1018349"></A>のフォームの検索では、以下の文字列を含む一般名に一致します。 </P>



<P><A NAME="1018350"></A></P>



<UL>

<UL>

<PRE>Bill Anderson

Jill Anderson

Steve Sanderson

</PRE>

</UL>

</UL>



<P><A NAME="1018351"></A>同様に、</P>



<UL>

<UL>

<P><A NAME="1018352"></A><TT>telephonenumber= *555*</TT><BR>

</P>

</UL>

</UL>



<P><A NAME="1018353"></A>の検索では、ディレクトリにおいて555を含む電話番号を持つすべてのエントリが戻されます。</P>



</BODY>

</HTML>




--- NEW FILE intro.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<html>
<!-- HEAD -->
<title>Netscape Directory Serverインタフェースについて</title>
</head>

<body>

<h1>Directory Serverインタフェースについて</h1>

<p>Netscape Directory Serverは、企業全体のユーザと情報のディレクトリの保存、検索、および管理をするために設計された信頼性が高く拡張可能なサーバーです。Directory Serverを使用すると、企業の情報処理部門は、情報を一箇所から制御して管理できると同時に、企業のユーザは複数のネットワーク上の場所からこの情報を取り出すことができます。</p>

<p>Directory Serverにより、企業のユーザ情報へのインタフェースが得られます。このインタフェースから以下のことが実行できます。</p>

<ul>
<P>
    <li><a href="search.htm#search">ユーザとリソースに関する情報についてディレクトリを検索できます。</a> 例えば、社員の電子メール アドレスや電話番号が検索できます。 <a href="search.htm">「ディレクトリ ツリーの検索」</a>にディレクトリの検索についての詳細が記載されています。</li>
<P>
    <li><a href="add.htm#adding">ディレクトリに新規エントリを作成できます。</a>例えば、新入社員の電子メール アドレスや電話番号などその社員に関する情報を追加できます。通常、この機能は、Directory Serverに適切に認証したユーザと、ディレクトリ管理者により書込み許可を付与されたユーザ専用に予約されています。ディレクトリに新規ユーザ、グループ、組織単位および組織を追加することに関する詳細は、<a href="add.htm">「エントリの追加」
</a>をご覧ください。</li>


<P>
    <li><a href="mod.htm#editing">ディレクトリの既存エントリを変更できます。</a>例えば、適切なパーミッションがあれば、エントリ属性に対する既存値の変更、エントリ全体の削除、エントリ名の変更、またはエントリ パスワードの変更などを実行できます。通常、この機能は、ディレクトリ管理者から書き込み権を与えられ、Directory Serverに適切に認証したユーザ専用となっています。ユーザ、グループ、組織単位、および組織に関する情報更新方法については、<a href="mod.htm">「エントリの編集」</a>をご覧ください。</li>
</P>
    <li><a href="auth.htm#authenticating">Directory Serverに認証できます。</a>Directory Serverにアクセスするか書き込むための認証必要条件がディレクトリ管理者によって定められている場合は、ユーザ名とパスワードの入力が必要な場合もあります。正確な認証必要条件は、サイトによって異なりますが、通常、ディレクトリにおけるエントリの追加、変更、または削除の際に限り、認証が必要となります。Directory Serverへの認証についての詳細は、<a
        href="auth.htm">「ディレクトリへの認証」</a>をご覧ください。</li>
</ul>

<p> </p>
</body>
</html>




--- NEW FILE mod.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<HTML>
<!-- HEAD -->
<TITLE>ディレクトリ エントリの追加</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<H1><A NAME="editing"></A>エントリの追加</H1>

Directory Server インタフェースでディレクトリ中にあるエントリを編集できます。<A HREF="search.htm">エントリを探して</A>、<A HREF="search.htm#results">表示させてから</A>、[編集]ボタンをクリックします。

<P>エントリの編集を試みる前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に認証するように求めるプロンプトが表示されます。

<P>以下を編集できます。
<UL>
<LI>
<A HREF="mod.htm#people">ユーザ</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#ntpeople">NT ユーザ</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#groups">グループ</A></LI>

<LI>
<A HREF="#NTgroups">NT グループ</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#o">組織</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#ou">組織単位</A></LI>
</UL>

<H2>
<A NAME="people"></A>ユーザの編集</H2>
ユーザのエントリを編集するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[ユーザの編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
エントリの編集を試みる前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に認証するように求めるプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ユーザのエントリを編集するには、各フィールドに希望の値を入力します。必須フィールドにはかならず値を入力する必要があります。ユーザの必須フィールドには次のものがあります。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
<A HREF="attribut.htm#cn">[氏名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#sn">[姓]</A></LI>
</UL>

<LI>
ここでオプションのフィールドに値を入力することも、後でこれらの値を変更することも可能です。ユーザのオプションのフィールドには以下のものがあります。</LI>

<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2>
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#givenName">[名前]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#mail">[電子メール アドレス]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#uid">[ユーザID] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#pager">[ポケットベル] </A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#mobile">[携帯電話]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#title">[役職] </A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#ou">[組織単位]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#manager">[マネージャ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#roomNumber">[部屋番号] </A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#secretary">[秘書] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#departmentNumber">[部門番号] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#employeeNumber">[社員番号]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#carLicense">[自動車ナンバープレート番号] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#labeledUri">[URL] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#userPassword">[パスワード]</A> </TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
<P>
<LI>
対応する [編集] ボタンをクリックして、<A HREF="#addmanager">[マネージャ] や [秘書] フィールドに値を追加</A>できます。</LI>

<LI>
対応する [編集] ボタンをクリックして、<A HREF="#addowner">[参照] フィールドに値を追加</A>できます。</LI>

<LI>
フィールドの編集が終わったら、[変更保存] をクリックします。</LI>
</OL>
このウィンドウからは以下の操作も可能です。
<UL>
<LI>
<A HREF="#rename">エントリ名の変更</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#delete">エントリの削除</A></LI>

<LI>
<A HREF="#changepw">パスワードの変更</A></LI>
</UL>

<H3><A NAME="addmanager"></A>[マネージャ] と [秘書] フィールドへの値の追加</H3>

[マネージャ] または [秘書] フィールド中の [編集] ボタンをクリックすると、該当する属性値を追加したり削除するための新しいフォームが表示されます。
[マネージャ] や [秘書] の属性としてユーザを追加するためには、以下の手順に従ってください。

<OL>
<LI>
テキスト ボックス中に、目的のマネージャまたは秘書のエントリを探すために使用する検索文字列を入力します。以下のうち、どれでも入力してください。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
名前。氏名全体または一部を入力します。その検索文字列に一致するすべてのエントリが返されます。該当するエントリが見つからない場合は、検索文字列を含むすべてのエントリが返されます。検索文字列を含むエントリが見つからない場合は、検索文字列に類似したエントリが返されます。</LI>

<LI>
ユーザ ID (ユーザ エントリを検索している場合)</LI>

<LI>
電話番号。電話番号の一部だけを入力すると、その検索番号で終わるすべての電話番号が返されます。</LI>

<LI>
電子メール アドレス。アットマーク(@)を含んでいる文字列はすべて電子メールアドレスとみなされます。完全に一致するエントリが見つからない場合は、その検索文字列で始まるすべての電子メール アドレスが検索されます。</LI>

<LI>
アスタリスク(*)を使うと、現在のディレクトリ中にあるすべてのエントリやグループを表示できます。</LI>

<LI>
任意の<A HREF="search.htm#filter">LDAP 検索フィルタ</A>。 等号 (=) を含んでいる文字列はすべて、検索フィルタとみなされます。</LI>
</UL>

<LI>
[検索して追加]をクリックし、一致するエントリを見つけてリストに追加します。マネージャや秘書として指定したくないエントリがある場合は、[リストから削除] 欄のボックスをクリックします。削除したいエントリに一致する検索フィルタを作成してから、[検索して削除] をクリックすることもできます。</LI>

<LI>
グループ メンバーのリストが完成したら、[変更保存] をクリックします。この時点で表示されているエントリが、マネージャまたは秘書属性フィールドの値になっています。</LI>
</OL>

<H2>
<A NAME="ntpeople"></A>NT ユーザの編集</H2>
NT ユーザのエントリを編集するには、以下の操作を行います。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[NT ユーザの編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
エントリの編集を試みる前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に認証するように求めるプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
ユーザのエントリを編集するには、各フィールドに希望の値を入力します。必須フィールドにはかならず値を入力する必要があります。NT ユーザの必須フィールドには次のものがあります。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
<A HREF="attribut.htm#cn">[氏名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#sn">[姓]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntUserDomainId">[NT ドメイン名] </A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntUserDomainId">[NT ユーザ ID]</A></LI>
</UL>

<LI>
ここでオプションのフィールドに値を入力したり、後にこれらの値を変更することも可能です。NT ユーザのオプションのフィールドは次の通りです。</LI>

<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2>
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#givenName">[名前]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#mail">[電子メール アドレス]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#userPassword">[Directory Server パスワード] </A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#pager">[ポケットベル]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#mobile">[携帯電話]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#title">[役職]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#ou">[組織単位]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#manager">[マネージャ]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#roomNumber">[部屋番号]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#secretary">[秘書] </A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#departmentNumber">[部門番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#employeeNumber">[社員番号]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#carLicense">[自動車ナンバープレート番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#labeledUri">[URL]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#uid">[ユーザ ID]</A> </TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
<P>
<LI>
<A HREF="attribut.htm#NTUserDelete">[ユーザを削除した場合は NTアカウントを削除]</A> オプションの値を変更することもできます。</LI>

<LI>
対応する [編集] ボタンをクリックして、<A HREF="#addmanager"> [マネージャ] や [秘書] フィールドに値を追加</A>できます。</LI>

<LI>
対応する [編集] ボタンをクリックして、<A HREF="#addowner"> [参照] フィールドに値を追加</A>できます。</LI>

<LI>
フィールドの編集が終わったら、[変更保存] をクリックします。</LI>
</OL>
このウィンドウからは以下も実行できます。
<UL>
<LI>
<A HREF="#rename">エントリ名の変更</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#delete">エントリの削除</A></LI>

<LI>
<A HREF="#changepw">パスワードの変更</A></LI>
</UL>

<H2><A NAME="groups"></A>グループの編集</H2>

グループのエントリを編集するには、以下の操作を行います。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[グループの編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
エントリの編集を試みる前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に認証するように求めるプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
グループのエントリを編集するには、各フィールドに編集した値を入力します。必須フィールドである<A HREF="attribut.htm#cn"> [名前] </A>にはかならず値を入力する必要があります。

<LI>
ここでオプションのフィールドに値を入力することも、後でこれらの値を変更することも可能です。グループのオプションのフィールドには次のものがあります。</LI>

<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2>
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#owner">[所有者]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#member">[グループ メンバー]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A></TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
<P>
<LI>
対応する [編集] ボタンをクリックして、<A HREF="#addowner"> [参照]、[所有者] および [秘書] フィールドに値を追加</A>できます。</LI>

<LI>
フィールドの編集が終わったら、[変更保存] をクリックします。</LI>
</OL>
このウィンドウからは以下の操作も行えます。
<UL>
<LI>
<A HREF="#rename">エントリ名の変更</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#delete">エントリの削除</A></LI>
</UL>

<H3><A NAME="addowner"></A>[所有者]、[参照] および [グループ メンバー] フィールドへの値の追加</H3>

[所有者]、[参照] または [グループ メンバー] フィールドの [編集] ボタンをクリックすると、メンバーを追加したり削除するための新しいフォームが表示されます。[所有者]、[参照]、または[グループ メンバー]は個人またはグループです。つまり、[所有者]、[参照]、または[グループ メンバー]としてグループを追加する場合、グループに属するユーザはすべてリストのメンバーになります。例えば、Barbara Jensen がマーケティング マネージャ グループのメンバーで、マーケティング マネージャ グループをマーケティング人事グループのメンバーにした場合、Barbara Jensenもマーケティング人事グループのメンバーになります。[グループ メンバー]、[所有者]、または[参照]を追加するためには、以下の手順に従ってください。
<OL>
<LI>
リストにユーザ エントリを追加する場合は、[ユーザ]が最初のダイアログボックスに表示されていることを確認します。グループにグループ エントリを追加する場合は、[グループ]が表示されていることを確認します。</LI>

<LI>
2番目のダイアログボックスに検索文字列を入力します。以下のうち、どれでも入力してください。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
名前。氏名全体または一部を入力します。その検索文字列に一致するすべてのエントリが返されます。該当するエントリが見つからない場合は、検索文字列を含むすべてのエントリが返されます。検索文字列を含むエントリが見つからない場合は、検索文字列に類似したエントリが返されます。</LI>

<LI>
ユーザ ID (ユーザ エントリを検索している場合)</LI>

<LI>
電話番号。電話番号の一部だけを入力すると、その検索番号で終わるすべての電話番号が返されます。</LI>

<LI>
電子メール アドレス。アットマーク(@)を含んでいる文字列はすべて電子メールアドレスとみなされます。完全に一致するエントリが見つからない場合は、その検索文字列で始まるすべての電子メール アドレスが検索されます。</LI>

<LI>
アスタリスク(*)を使うと、現在のディレクトリ中にあるすべてのエントリやグループを表示できます。</LI>

<LI>
任意の<A HREF="search.htm#filter">LDAP 検索フィルタ</A>。等号 (=) を含んでいる文字列はすべて、検索フィルタとみなされます。</LI>
</UL>

<LI>
[検索して追加]をクリックし、一致するエントリを見つけてリストに追加します。リストに含めたくないエントリがある場合は、[リストから削除] 欄のボックスをクリックします。削除したいエントリに一致する検索フィルタを作成してから、[検索して削除] をクリックすることもできます。</LI>

<LI>
グループ メンバーのリストが完成したら、[変更保存] をクリックします。この時点で表示されているエントリが、リストに加えられます。</LI>
</OL>

<H2>
<A NAME="NTgroups"></A>NT グループの編集</H2>
NT グループのエントリを編集するには、以下の操作を行います。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[NT グループの編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
エントリの編集を試みる前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に認証するように求めるプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
そのグループのエントリを編集するには、各フィールドに編集した値を入力します。必須フィールドにはかならず値を入力する必要があります。NT グループの必須フィールドには次のものがあります。</LI>

<UL type="disc">
<LI>
<A HREF="attribut.htm#cn">[名前]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntGroupId">[NT グループ名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntGroupDomainId">[NT ドメイン名]</A></LI>

<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntGroupType">[NTグループ タイプ]</A></LI>

</UL>

<LI>
ここでオプションのフィールドに値を入力することも、後でこれらの値を変更することも可能です。NT グループのオプションのフィールドには次のものがあります。</LI>

<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2>
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#owner">[所有者]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#l">[言語情報]</A></TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#member">[グループ メンバー]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A></TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#ou">[組織単位]</A></TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
 
<LI>
<A HREF="attribut.htm#ntGroupDeleteGroup">[グループを削除した場合は NTグループアカウントを削除]</A> オプションの値を変更することもできます。</LI>

<LI>
対応する [編集] ボタンをクリックして、<A HREF="#addmanager"> [参照]、[所有者]、および [グループ メンバー] フィールドに値を追加</A>できます。</LI>

<LI>
編集が終わったら、[変更保存] をクリックします。</LI>
</OL>
このウィンドウからは以下の操作も行えます。
<UL>
<LI>
<A HREF="#rename">エントリ名の変更</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#delete">エントリの削除</A></LI>
</UL>

<H2>
<A NAME="ou"></A>組織単位の編集</H2>
組織単位を編集するには、以下の操作を行います。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[組織単位の編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
エントリの編集を試みる前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に認証するように求めるプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
組織単位のエントリを編集するには、各フィールドに編集した値を入力します。必須フィールドにはかならず値を入力する必要があります。</LI>

<LI>
組織単位の必須フィールドは、<A HREF="attribut.htm#ou">[単位名]</A>です。</LI>

<LI>
ここでオプションのフィールドに値を入力したり、後にこれらの値を変更することも可能です。組織単位のオプションのフィールドは次の通りです。</LI>

<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2>
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#l">[場所]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A> </TD>

<TD> </TD>

<TD> </TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
<P>
<LI>
編集が終わったら、[変更保存] をクリックします。</LI>
</OL>
このウィンドウからは以下も実行できます。
<UL>
<LI>
<A HREF="#rename">エントリ名の変更</A></LI>

<LI>
<A HREF="mod.htm#delete">エントリの削除</A></LI>
</UL>

<H2>
<A NAME="o"></A>組織の編集</H2>
組織のエントリを編集するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[組織の編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
エントリの編集を試みる前に<A HREF="auth.htm#userauth">認証</A>していなかったり、認証が失効している場合は、先に進む前に認証するように求めるプロンプトが表示されます。</LI>

<LI>
組織のエントリを編集するには、各フィールドに編集した値を入力します。必須フィールドにはかならず値を入力する必要があります。</LI>

<LI>
組織の必須フィールドは、<A HREF="attribut.htm#o">[組織名]</A>です。</LI>

<LI>
ここでオプションのフィールドに値を入力することも、後でこれらの値を変更することも可能です。組織のオプションのフィールドは次の通りです。</LI>

<P>
<CENTER><TABLE BORDER=2>
<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#description">[説明]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#telephoneNumber">[電話番号]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#businessCategory">[事業カテゴリ]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#facsimileTelephoneNumber">[ファックス]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#l">[場所]</A> </TD>

<TD><A HREF="attribut.htm#postalAddress">[住所]</A> </TD>
</TR>

<TR>
<TD><A HREF="attribut.htm#seeAlso">[参照]</A> </TD>

<TD> </TD>

<TD> </TD>
</TR>
</TABLE></CENTER>
 
<LI>
編集が終わったら、[変更保存] をクリックします。</LI>
</OL>

<H2><A NAME="rename"></A>エントリ名の変更</H2>
エントリ名を変更するには、以下を実行してください。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
エントリの新しい一般名を入力します。</LI>

<LI>
[変更保存]をクリックします。</LI>
</OL>
エントリ名の変更に関する以下の規則に注意してください。
<UL>
<LI>
エントリの<A HREF="add.htm#DN">識別名</A>の一番左の値に限り変更できます。これは、実質的にエントリ名に限り変更できることを意味しています。この方式を使ってディレクトリの別のブランチにエントリを移動することはできません。例えば、</LI>

<PRE>uid=tandrew, ou=Accounting, o=Airius.com</PRE>

の DN を持つエントリがある場合は、このエントリのユーザ ID (uid) 部分の名前に限り変更できます。しかし、Marketing のサブツリーにユーザ tandrew を移動することはできません。移動するには、Marketing のサブツリーに tandrew の新規エントリを作成してから、Accounting のツリーにある元のエントリを削除する必要があります。
<LI>
組織単位のツリーの下にエントリがある場合はその組織単位の名前を変更することはできません。ディレクトリ ツリーのブランチ ポイント名を変更するには、ツリー内のそのポイントの下にあるものすべてを削除してから、そのエントリ名を変更します。</LI>
</UL>

<H2>
<A NAME="delete"></A>エントリの削除</H2>
エントリ名を削除するには、以下を実行してください。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
[削除]ボタンをクリックします。</LI>
</OL>
エントリに子のエントリがある場合はそのエントリを削除できないことに注意してください。特に、組織単位のツリーの下にエントリがある場合はその組織単位を削除することはできません。ディレクトリ ツリーのブランチ ポイントを削除するには、ツリー内のそのポイントの下にあるものすべてを削除してから、そのエントリを削除します。
<H2>
<A NAME="changepw"></A>パスワードの変更</H2>
Directory Server インタフェースで、自分のパスワードを変更できます。また、ディレクトリ マネージャまたはパスワード属性に対する書込み特権を持つ未制限ユーザである場合は、別のユーザのパスワードも変更できます。

<P>パスワードを変更するには、以下の操作をします。
<OL>
<LI>
<A HREF="search.htm#standard">[標準検索]</A>
または <A HREF="search.htm#advanced">[拡張検索]</A>を使って、目的のエントリを検索します。</LI>

<LI>
<A HREF="search.htm#results">エントリを表示させます</A>。</LI>

<LI>
[編集] ボタンをクリックします。</LI>

<LI>
[パスワード変更] ボタンをクリックします。</LI>

<BR>自分のパスワードを変更する場合、変更コマンドでパスワードを変更するには古いパスワードを入力しなければなりません。 (現在のエントリ以外のユーザとして認証されている場合は、古いパスワードの入力を促されることはありません。)
<LI>
[パスワード変更] ボタンをクリックします。</LI>

</OL>

</BODY>
</HTML>



--- NEW FILE objclass.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->
<HTML>
<!-- HEAD -->

<A NAME="1096805">
<P>
</A><A NAME="1096807">
<P>
</A><A NAME="1002619">
<H1>オブジェクト クラス
</H1>
</A>

<A NAME="996830">
<br>
この付録では、オブジェクト クラスの定義を解説しています。Directory Serverで使用されるスキーマ要素の大部分は標準LDAPプロトコルの一部であり、X.500規格に基づいています。しかし、Directory Serverのオブジェクト クラスのなかには、LDAPの導入に使用するためにNetscape社が作成した拡張もあります。オブジェクト クラスがNetscape社によって作成されたもので、標準LDAPスキーマの一部でない場合は、そのオブジェクト クラスの説明にその旨が示されています。<P></A>

<A NAME="1080540">
Directory Serverのスキーマとその用途の詳細は、『Netscapeディレクトリの導入ガイドをご覧ください。<P></A>

<A NAME="1080543">
スキーマにおける属性の詳細は、<a href="attribut.htm#1002619">「属性」</A>をご覧ください。<P></A>
<A NAME="1080587">
以下のタイプのオブジェクト クラスが説明されています。<P>
</A><ul><A NAME="1080589">
<LI><a href="objclass.htm#1005608">グループ</A><P>
</A>
<A NAME="1080591">
<LI><a href="objclass.htm#1005780">複製</A><P>
</A>
<A NAME="1011931">
<LI><a href="objclass.htm#1005591">場所</A><P>
</A>
<A NAME="1002658">
<LI><a href="objclass.htm#1004915">組織</A><P>
</A>
<A NAME="1002659">
<LI><a href="objclass.htm#1004958">ユーザ</A><P>
</A>
<A NAME="1021627">
<LI><a href="objclass.htm#1078660">Calendar Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1085862">
<LI><a href="objclass.htm#1078479">Certificate Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1085922">
<LI><a href="objclass.htm#1078576">Collabra Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1085927">
<LI><a href="objclass.htm#1078655">Compass Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1085932">
<LI><a href="objclass.htm#1097229">Directory Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1085945">
<LI><a href="objclass.htm#1097091">Media Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1100342">
<LI><a href="objclass.htm#1097135">Messaging Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1085950">
<LI><a href="objclass.htm#1086191">Proxy Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1085955">
<LI><a href="objclass.htm#1081607">Web Serverの拡張</A><P>
</A>
<A NAME="1089730">
<LI><a href="objclass.htm#1108799">予約されたオブジェクト クラス</A><P>
</A>
</ul>
<A NAME="1108856">
Netscape Directory Server のベースOIDは以下のとおりです。<P></A>
<PRE><A NAME="1108857">
2.16.840.1.113730.3
</A>
</PRE>
<A NAME="1108858">
Netscape が定義したすべてのオブジェクト クラスは以下のベース値を持っています。<P></A>
<PRE><A NAME="1108859">
2.16.840.1.113730.3.2
</A>
</PRE>

<A NAME="1005608"> 
</A>
<A NAME="Groups">
<H2> グループ</H2>
</A>

<A NAME="1080703">
以下のオブジェクト クラスは、個々のオブジェクトまたはその他のオブジェクト グループの名前が順序不同で示されたエントリを記述します。グループのメンバーシップは静的です。管理活動によってのみグループを変更でき(メンバーの追加など)、グループが参照されるたびにメンバーシップが動的に決定されるわけではありません。各オブジェクト クラスには、グループとそのメンバーを記述する属性が含まれます。ここで説明されているオブジェクト クラスは、<a href="objclass.htm#1080708">groupOfNames</A>と<a href="objclass.htm#1005294">groupOfUniqueNames</A>と<a href="objclass.htm#1100399">NTGroup</A>です。<P></A>
 
<A NAME="1080708"> 
</A>
<A NAME="groupOfNames">
<H3> groupOfNames</H3>
</A>
 
<A NAME="1080709">
グループ名のエントリを定義します。このオブジェクト クラスは、X.500 Directory Servicesから継承されました。<P></A>

<A NAME="1096982">
OID: <CODE>2.5.6.9</CODE><P></A>

<A NAME="1067760">
 
<TABLE BORDER="1"  cellpadding="1">
<CAPTION></caption>
<tr><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1075396">
<B>属性</B><P></A>
<B><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1075398">
<B>属性の説明</B><P></A>
<B></tr>
<tr><td>
<A NAME="1069038">
<a href="attribut.htm#1171494">cn</A><P></A>
<td>
<A NAME="1069041">
(必須) グループの一般名<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1069044">
<a href="attribut.htm#1171811">member</A><P></A>
<td>
<A NAME="1069047">
(必須) 識別名形式のグループ メンバー。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1069050">
<a href="attribut.htm#1171367">businessCategory</A><P></A>
<td>
<A NAME="1069052">
グループが従事する職種。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1069055">
<a href="attribut.htm#1171528">description</A><P></A>
<td>
<A NAME="1069057">
グループの目的の説明文。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1104361">
<a href="attribut.htm#1246271">memberURL</A><P></A>
<td>
<A NAME="1104363">
グループ メンバに関係する情報へのURL。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1069060">
<a href="attribut.htm#1281611">o</A><P></A>
<td>
<A NAME="1069062">
グループが属する組織。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1104337">
<a href="attribut.htm#1241174">ou</A><P></A>
<td>
<A NAME="1069067">
グループが属する組織単位。<P></A>
[...6881 lines suppressed...]

<A NAME="1098891">
OID: <CODE>0.9.2342.19200300.100.4.7</CODE><P></A>

<A NAME="1098892">
 
<TABLE BORDER="1"  cellpadding="1">
<CAPTION></caption>
<tr><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1092361">
<B>属性</B><P></A>
<B><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1092363">
<B>属性の説明</B><P></A>
<B></tr>
<tr><td>
<A NAME="1092443">
<a href="attribut.htm#1171494">cn</A><P></A>
<td>
<A NAME="1092446">
(必須) 部屋の一般名。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1092449">
<a href="attribut.htm#1171528">description</A><P></A>
<td>
<A NAME="1092451">
部屋の説明文。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1092468">
<a href="attribut.htm#1204477">roomNumber</A><P></A>
<td>
<A NAME="1092470">
部屋番号。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1092477">
<a href="attribut.htm#1172500">seeAlso</A><P></A>
<td>
<A NAME="1092479">
部屋に関係する情報へのURL。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1092491">
<a href="attribut.htm#1230129">telephoneNumber</A><P></A>
<td>
<A NAME="1092493">
部屋の電話番号<P></A>


</TABLE>

<TABLE>
<tr><td>
</TABLE>
<P></A>


<A NAME="1091431"> 
</A>
<A NAME="simpleSecurityObject">
<H3> simpleSecurityObject</H3>
</A>



<A NAME="1093131">
主オブジェクト クラスが属性タイプとしてuserPasswordを許さない場合に、userPassword属性を含むエントリを可能にするオブジェクト クラス。予約されています。<P></A>

<A NAME="1093125">
OID: <CODE>0.9.2342.19200300.100.4.19</CODE><P></A>

<A NAME="1098903">
 
<TABLE BORDER="1"  cellpadding="1">
<CAPTION></caption>
<tr><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1093106">
<B>属性</B><P></A>
<B><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1093108">
<B>属性の説明</B><P></A>
<B></tr>
<tr><td>
<A NAME="1093113">
<a href="attribut.htm#1196547">userPassword</A><P></A>
<td>
<A NAME="1093116">
(必須) エントリのパスワードと暗号化方法。<P></A>


</TABLE>

<TABLE>
<tr><td>
</TABLE>
<P></A>


<A NAME="1089871"> 
</A>
<A NAME="strongAuthenticationUser">
<H3> strongAuthenticationUser</H3>
</A>



<A NAME="1090921">
クライアントと証明書の情報を、ディレクトリで保存するオブジェクト クラス。このオブジェクト クラスは、X.500 Directory Servicesから継承されました。予約されています。<P></A>

<A NAME="1106458">
OID: <CODE>2.5.6.15</CODE><P></A>

<A NAME="1106478">
 
<TABLE BORDER="1"  cellpadding="1">
<CAPTION></caption>
<tr><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1106461">
<B>属性</B><P></A>
<B><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1106463">
<B>属性の説明</B><P></A>
<B></tr>
<tr><td>
<A NAME="1106468">
<a href="attribut.htm#1208938">userCertificate</A><P></A>
<td>
<A NAME="1106470">
未使用。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1106475">
<a href="attribut.htm#1278425">userCertificate;binary</A><P></A>
<td>
<A NAME="1106477">
(必須) バイナリ形式のユーザの証明書。<P></A>


</TABLE>

<TABLE>
<tr><td>
</TABLE>
<P></A>


<A NAME="1106481"> 
</A>
<A NAME="top">
<H3> top</H3>
</A>



<A NAME="1106482">
ディレクトリで、他のすべてのオブジェクト クラスのサブクラスとして使用されるオブジェクト クラス。このオブジェクト クラスは、X.500 Directory Servicesから継承されました。予約されています。<P></A>

<A NAME="1106020">
OID: <CODE>2.5.6.0</CODE><P></A>

<A NAME="1106503">
 
<TABLE BORDER="1"  cellpadding="1">
<CAPTION></caption>
<tr><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1106486">
<B>属性</B><P></A>
<B><th valign=baseline align=left><b>
<A NAME="1106488">
<B>属性の説明</B><P></A>
<B></tr>
<tr><td>
<A NAME="1106493">
<a href="attribut.htm#1229677">objectClass</A><P></A>
<td>
<A NAME="1106495">
(必須) すべてのオブジェクト クラスに必須の属性。<P></A>

<tr><td>
<A NAME="1106500">
<a href="attribut.htm#1171292">aci</A><P></A>
<td>
<A NAME="1106502">
このエントリに対するDirectory Serverアクセス制御情報を保存してあります。<P></A>


</TABLE>

<TABLE>
<tr><td>
</TABLE>
<P></A>

<A NAME="1106011">
<P></A>

</HTML>



--- NEW FILE search.htm ---
<!-- --- BEGIN COPYRIGHT BLOCK ---
 This Program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
 the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
 Foundation; version 2 of the License.

 This Program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS
 FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU General Public License along with
 this Program; if not, write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple
 Place, Suite 330, Boston, MA 02111-1307 USA.

 In addition, as a special exception, Red Hat, Inc. gives You the additional
 right to link the code of this Program with code not covered under the GNU
 General Public License ("Non-GPL Code") and to distribute linked combinations
 including the two, subject to the limitations in this paragraph. Non-GPL Code
 permitted under this exception must only link to the code of this Program
 through those well defined interfaces identified in the file named EXCEPTION
 found in the source code files (the "Approved Interfaces"). The files of
 Non-GPL Code may instantiate templates or use macros or inline functions from
 the Approved Interfaces without causing the resulting work to be covered by
 the GNU General Public License. Only Red Hat, Inc. may make changes or
 additions to the list of Approved Interfaces. You must obey the GNU General
 Public License in all respects for all of the Program code and other code used
 in conjunction with the Program except the Non-GPL Code covered by this
 exception. If you modify this file, you may extend this exception to your
 version of the file, but you are not obligated to do so. If you do not wish to
 provide this exception without modification, you must delete this exception
 statement from your version and license this file solely under the GPL without
 exception. 

 
 Copyright (C) 2001 Sun Microsystems, Inc. Used by permission.
 Copyright (C) 2005 Red Hat, Inc.
 All rights reserved.
  --- END COPYRIGHT BLOCK ---  -->

<html>
<!-- HEAD -->
<title>ディレクトリ ツリーの検索</title>
</head>

<body>

<h1><a name="search"></a>ディレクトリ ツリーの検索</h1>

<p>Directory Serverには、企業のユーザとリソースに関する貴重な情報が含まれています。Directory Serverのインタフェースを使用して、必要な情報を簡単に見つけることができます。検索プロセスを簡略化するため、このインタフェースでは2種類の検索を提供しています。</p>

<ul>
    <li><a href="#standard">標準検索</a> -- 指定した値に基づいて適切な検索方法が選択されます。例えば、moz at airius.comを指定すると、標準検索では一致する電子メール アドレスが検索されます。</li>
<P>
    <li><a href="#advanced">拡張検索</a>特定のエントリ属性に対する簡単な検索方法を提供します。例えば、名字が<b>k</b>で始まり、電話番号が<b>2110</b>で終わるユーザを検索するように指定できます。</li>
</ul>

<p>いずれのタイプの検索を使用する場合でも、検索するエントリのタイプを選択できます。以下のエントリ タイプを検索できます。</p>

<table border="2">
    <tr>
        <th><a name="type"></a><b>エントリ タイプ</b></th>
        <th>説明</th>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top">ユーザ</td>
        <td valign="top">ユーザを記述するエントリ。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top">NTユーザ</td>
        <td valign="top">NTユーザを記述するエントリ。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top">グループ<b> </b></td>
        <td valign="top">グループを記述するエントリ。グループは、1つまたは複数のディレクトリ エントリの集まりです。例えば、システム管理者のグループ、テクニカルライターのグループ、釣りに興味のある全ユーザのグループなどをサイトで定義できます。グループは必ずしもユーザの集まりである必要はありません。例えば、サイトにおけるすべてのカラー プリンタやファクシミリのグループなどを定義できます。また、グループに他のグループを含めることもできます。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td>NTグループ</td>
        <td>NTユーザのグループを記述するエントリ。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top">組織</td>
        <td valign="top">組織を記述するエントリ。一般に、組織は、企業や大学などの単一の大規模の組織を表します。通常はユーザやデバイスの集まりであるグループは、ディレクトリに実体が追加または削除されると変化することがあり、この点で組織はグループとは異なります。これに対して組織は、ディレクトリの比較的安定した主要部分またはブランチを表します。組織エントリは、ディレクトリ内でのエンティティの追加や削除によって影響を受けることはあまりありません。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top">組織単位</td>
        <td valign="top">組織単位を記述するエントリ。一般に、組織単位は、比較的大きな組織内での主要部門を表します。企業や大学などの単一の大規模な組織エントリとは異なり、組織単位は、会計部、販売部、人文学部、生物学部など、より小さな組織を表します。</td>
    </tr>
    <tr>
        <td valign="top">任意のタイプ</td>
        <td valign="top">ディレクトリ内で検索基準に一致する任意のタイプのエントリ。任意のタイプは、ディレクトリ内のエントリがディレクトリ管理者によってどのように指定されているか不明な場合に使用します。検索するエントリ タイプがユーザ、グループ、組織のいずれでもない場合には、任意のタイプが便利です。</td>
    </tr>
</table>

<p>Directory Serverが検索を完了した後、一致したすべてのエントリへのリンクを示す<a href="#results">検索結果</a>がインタフェースによって表示されます。検索結果リストに表示されるエントリをクリックすると、そのエントリに関する詳細情報が表示されます。エントリがユーザの場合、<a href="#vCard">そのユーザのデジタル名刺、つまりvCardを表示</a>するように選択することもできます。vCardを使用すると、ボタンをクリックするだけで、ユーザをCommunicatorのアドレス帳に簡単に追加できます。</p>

<h2><a name="standard"></a>標準検索</h2>

<p>標準検索は、指定されたデータの性質によって異なるタイプの検索を実行します。つまり、検索フィールドに入力した内容によって、一致する<a href="#Name">氏名</a>、<a href="#phone">電話番号</a>、<a href="#email">電子メール アドレス</a>などの検索ができます。</p>

<p>入力した内容に応じて、標準検索では、基準に完全に一致するエントリ、基準を含むエントリ、基準に類似した音の語を含むエントリのいずれを検索するかが判定されます。また、[標準検索] フィールドに LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) <a href="#filter">検索フィルタ</a>を指定して検索することもできます。</p>

<h3><a name="Performing a Standard Search"></a>標準検索の実行</h3>

<ol>
    <li>[標準検索] タブをクリックします。</li>
    <li>[検索] のドロップダウン リストから、検索したい<a href="#type">エントリ タイプ</a>を選択します。</li>
    <li>[検索対象] フィールドに、検索したい値を入力します。[検索対象] フィールドは大文字/小文字を区別しません。以下のいずれでも入力できます。
	  <ul type="disc">
            <li><a href="#Name">氏名</a>または氏名の一部</li>
            <li>ユーザの<a href="#initials">イニシャル</a> </li>
            <li><a href="#phone">電話番号</a>の一部または全部
            </li>
            <li><a href="#email">電子メール アドレス</a>の一部または全部</li>
            <li>LDAP <a href="#filter">検索フィルタ</a></li>
        </ul>
    </li>
    <li>[送信] をクリックします。<br>
        フォーム データをDirectory Serverに送信すると、入力した値に完全一致、部分一致、または類似するエントリが検索されます。一致結果は、<a href="#results">検索結果</a>テーブルに表示されます。</li>
</ol>

<h4><a name="Name"></a>氏名を検索する</h4>

<p>以下のような文字列を指定した場合:</p>

<ul>
    <li>数字以外の文字を含む</li>
    <li>アット (@) 記号を含まない</li>
</ul>

<p>標準検索では、指定した値に完全一致、部分一致、または類似する氏名、名、名字の検索が試みられます。</p>

<p>例えば、文字列「<font face="Courier">son</font>」を指定すると、以下のような結果が戻されます。</p>

<p>
<ul>
	<li>Gary Stevenson</li>
	<li>Mary Sun</li>
	<li>Allison Barker</li>
</ul>

<h4><a name="initials"></a>イニシャルを伴なう氏名を検索する</h4>

<p>以下の順序で以下の項目を含む値を指定した場合:</p>

<ol>
    <li>1文字</li>
    <li>スペース ( )、ピリオド (.)、またはピリオドとスペースを任意の順序で</li>
    <li>1つまたは複数の文字</li>
</ol>

標準検索では、名を表すイニシャルの後に名字が続くものが検索されます。例えば、文字列「S.Anderson」を指定すると、以下のような結果が戻されます。</p>

<ul>
    <li>Sally Anderson</li>
    <li>Steve Anderson</li>
    <li>Sue Anderson</li>
</ul>

<p>同様に、以下の順序で以下の項目を含む値を指定した場合:</p>

<ol>
    <li>複数の文字</li>
    <li>スペース ( )、ピリオド (.)、またはピリオドとスペースを任意の順序で</li>
    <li>1文字</li>
</ol>

<p>標準検索では、名の後に名字を表すイニシャルが続くものが検索されます。例えば、文字列「<font face="Courier New"></font>Mark
.P」を指定すると、以下のような結果が戻されます。</p>

<ul>
    <li>Mark Payne</li>
    <li>Mark Peck</li>
    <li>Mark Polk</li>
</ul>

<blockquote>
    <p><b>注: </b></p>
    <p>イニシャルを使用した場合、標準検索では完全一致の検索だけが実行されます。検索で指定した通りのイニシャルと名前を持つエントリのみが戻されます。類似 (発音が似ている) 検索と副文字列検索は実行されません。</p>
</blockquote>

<h4><a name="phone"></a>電話番号を検索する</h4>

<p>標準検索では、入力した値が数字だけから成る場合、電話番号が自動的に検索されます。少なくとも1つの数字の後に続く1つのハイフン (-) を使用することもできます。</p>

<p>このタイプの検索は、「終了文字」検索です。つまり、Directory Serverは指定された値で終了する電話番号を検索します。例えば、値<tt>123</tt>を入力した場合、123で終了するすべての電話番号が検索されます。</p>

<h4><a name="email"></a>電子メール アドレスを検索する</h4>

<p>標準検索では、入力した値にアット (@) 記号が含まれる場合、一致する電子メール アドレスが自動的に検索されます。まず、入力値に完全に一致する電子メール アドレスが検索されます。一致エントリが見つからなかった場合は、入力値で開始されるエントリが検索されます。</p>

<p>例えば、文字列「<font face="Courier">son@</font>」を指定すると、次のような結果が戻されます。</p>

<ul>
    <li>son@</li>
</ul>
または、ディレクトリ内で一致エントリが見つからなかった場合は、次のような結果が戻されます。
<ul>
    <li>son at aardvark.org</li>
    <li>son at acme.com</li>
</ul>

<h4><a name="filter"></a>検索フィルタを使用する</h4>

<p>標準検索に正しい検索のタイプを判定させる代りに、LDAP検索フィルタを明示的に指定することもできます。LDAP検索フィルタを使用すると、特定の<a HREF="attribut.htm">属性</a>値を対象にエントリを検索できます。標準検索では、等号記号 (=) を含む文字列はすべてLDAP検索フィルタであるとみなされます。例えば、</p>

<pre>cn=*eve*</pre>

<p>はLDAP検索フィルタであり、文字列<tt>eve</tt>を含む一般名 (common name - CN) を探す副文字列検索を実行します。LDAP検索フィルタ内で属性を指定するとき、Directory Serverのインタフェースで表示される属性フィールド名ではなく、Directory Server内部で使用される属性ラベル (内部ID) を使用する必要があることに注意してください。例えば、[氏名] 属性フィールドの内部IDは、<TT>cn</TT>です。標準検索で検索フィルタを入力するには、次のように、属性フィールド名 (氏名) ではなく、内部ID (commonName) を使用してください。
</P>
<P><TT>commonName=Smith Fukuda</TT></P>

<P>属性フィールドの中には、第二の省略形の内部IDを持つものがあります。例えば、[氏名] フィールドには、commonNameとcnの2つの内部IDがあります。検索フィルタでは、これらのいずれでも使用できます。</p>

<p>検索フィルタの詳細は、『<em>Directory Server管理者用ガイド</em>』を参照してください。</p>

<h2><a name="advanced"></a>拡張検索</h2>

<p>拡張検索を使用して、特定の属性が指定の値を持つようなエントリを検索できます。例えば、指定した値の電子メール アドレスを持つユーザを検索できます。また、指定した属性値を<i>含まない</i>エントリを検索することもできます。例えば、名字がSmithでないすべてのユーザを検索できます (このような検索では大量の結果が戻されるため、この種の検索の実行は避けてください)。</p>

<p>拡張検索では、入力した語に完全に一致するエントリを戻す完全一致検索が行われます。検索を構築するための [拡張検索] フォームには、4つのフィールドがあります。これら4つのフィールドによって、検索を指定する文が示されます。一般に、この文のは次のように構成されます。</p>

<p><a href="#type">検索:</a><i> [エントリ タイプ] </i><a
href="search.htm#wherethe">ただし:</a><i> [属性] </i><a
href="search.htm#typeofsearch">[検索タイプ]</a><i> [検索文字列]</i></p>

<p>これらの最初の3つのフィールドのオプションはプルダウン メニューで選択できます。最後のフィールドには、実際の検索文字列を入力します。例えば、次のように検索を構築できます。</p>

<p><b>検索:</b><i> </i>[ユーザ]<i> </i><b>ただし: </b>[名字] [is (一致)] [Bowker]</p>

<p>または、次のように検索を構築できます。</p>

<p><b>検索: </b>[ユーザ] <b>ただし: </b>[氏名] [sounds like (類似)] [tree]</p>

<h3><a name="Performing an Advanced Search"></a>拡張検索の実行</h3>

<ol>
    <li>[拡張検索] タブをクリックします。</li>
    <li>[検索] のドロップダウン リストから、検索したい<a href="#type">エントリ タイプ</a>を選択します。</li>
    <li>[ただし] フィールドのドロップダウン リストから、検索したい属性を選択します。選択肢は、[検索] フィールドで選択したエントリ タイプによって異なります。下表に、選択可能なオプションとその説明を示します。<br>
<P>
        <table border="2">
            <tr>
                <th><a name="wherethe"></a><b>[検索]フィールドの内容. . .</b></th>
                <th><b>選択肢. . .</b></th>
            </tr>
            <tr>
                <td>ユーザまたはNTユーザ</td>
                <td><a HREF="attribut.htm#cn">氏名</a>、
                <a HREF="attribut.htm#sn">名字</a>、<a
                HREF="attribut.htm#telephoneNumber">電話番号</a>、
                <a HREF="attribut.htm#mail">電子メール アドレス</a>、<a
                HREF="attribut.htm#uid">ユーザID</a>、または<a
                HREF="attribut.htm#title">役職</a></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>グループまたはNTグループ</td>
                <td><a HREF="attribut.htm#description">記述</a>、
		<a HREF="attribut.htm#owner">所有者</a>、または
		<a HREF="attribut.htm#ntGroupType">NTグループ タイプ</a> (NTグループの場合)</td>
            </tr>
            <tr>
                <td>組織</td>
                <td><a HREF="attribut.htm#l">場所</a>、
                <a HREF="attribut.htm#telephoneNumber">電話番号
                </a>、または<a HREF="attribut.htm#description">記述</a></td>
            </tr>
            <tr>
                <td>任意のタイプ</td>
                <td><a HREF="attribut.htm#cn">名</a>または
                <a HREF="attribut.htm#description">記述</a></td>
            </tr>
        </table>
    </li>
<P>
    <li>実行したい検索のタイプを選択します。<br>
        <br>
        一般に、このフィールドは、検索が等号検索、副文字列検索、類似
        (発音が似ている) 検索のいずれであるかを示します。下表に、使用可能な各キーワードと、それぞれが表す検索タイプの定義を示します。これらのキーワードのすべてが各検索で使用できるわけではありません。実際に使用できるキーワードは、[検索] フィールドと [ただし] フィールドで選択した値によって異なります。以下のいずれか1つを選択できます。
<p>
        <table border="2">
            <tr>
                <th><a name="typeofsearch"></a><b>検索タイプ</b></th>
                <th><b>説明</b></th>
            </tr>
            <tr>
                <td>is (一致)</td>
                <td>完全一致が検索されます。つまり、このオプションは等号検索を指定します。エントリの属性の完全な値が分かっている場合にこのオプションを使用します。例えば、ユーザの名字の完全なスペルが分かっている場合に使用します。</td>
            </tr>
            <tr>
                <td>is not (不一致)</td>
                <td>検索文字列に完全に一致しない属性値を持つエントリがすべて戻されます。例えば、名字がSmithでないすべてのユーザをディレクトリで検索する場合にこのオプションを使用します。ただし、このオプションを使用すると、大量のエントリが戻されることがあるので注意してください。</td>
            </tr>
            <tr>
                <td>sounds like (é¡žä¼¼)</td>
                <td>発音に即した検索が実行されます。属性値は分かっているが、スペルが不明の場合にこのオプションを使用します。例えば、ユーザの名字のスペルがSarret、Sarette、Sarettのいずれであるか不明の場合に使用します。</td>
            </tr>
            <tr>
                <td>starts with (開始文字)</td>
                <td>副文字列検索が実行されます。指定した検索文字列で開始する値を持つ属性が戻されます。例えば、ユーザの名がSteveであると分かっているが、名字が不明の場合に、このオプションを使用して氏名を検索できます。</td>
            </tr>
            <tr>
                <td>ends with (終了文字)</td>
                <td>副文字列検索が実行されます。指定した検索文字列で終了する値を持つ属性が戻されます。例えば、ユーザの電話番号の最後の4桁が9876であると分かっている場合に、このオプションを使用してそのユーザのエントリを検索します。</td>
            </tr>
            <tr>
                <td>contains (含有)</td>
                <td>副文字列検索が実行されます。指定した検索文字列を含む値を持つ属性が戻されます。例えば、組織の記述におそらくsupportという語が含まれると思う場合に、このオプションで検索文字列「support」を使用してその組織のエントリを検索します。</td>
            </tr>
        </table>
    </li>
<p>
    <li>検索したい文字列をテキストボックスに入力し、[検索] をクリックします。<br>
        Directory Serverにフォーム データを送信すると、指定した値に完全に一致するエントリが検索されます。一致結果は検索結果リストとして表示されます。</li>
</ol>

<h3><a name="Advanced Search Examples"></a>拡張検索の例</h3>

<p>以下は、[拡張検索]フォームの使用例です。垂直バー (|) はフォーム上のフィールドの区切りを表します。</p>

<table border="2">
    <tr>
        <th><b>検索項目. . .</b></th>
        <th><b>入力内容. . .</b></th>
    </tr>
    <tr>
        <td>Darleneという名のすべてのユーザ</td>
        <td><b>検索:</b> ユーザ | <b>ただし:</b> 氏名 |
        starts with (開始文字) | Darlene</td>
    </tr>
    <tr>
        <td>名字がSweeneyのすべてのユーザ</td>
        <td><b>検索:</b> ユーザ | <b>ただし:</b> 名字 |
        is (一致) | Sweeny</td>
    </tr>
    <tr>
        <td>Vice President (副社長) であるすべてのユーザ</td>
        <td><b>検索:</b> ユーザ | <b>ただし:</b> 役職 |
        contains (含有) | Vice President</td>
    </tr>
    <tr>
        <td>Accounting (会計) という名前の組織</td>
        <td><b>検索:</b> 組織 | <b>ただし:</b> 名前 |
        is (一致) | Accounting</td>
    </tr>
    <tr>
        <td>Scuba Diving (スキューバダイビング) に興味のあるグループ</td>
        <td><b>検索:</b> グループ | <b>ただし:</b> 記述 |
        contains (含有) | scuba</td>
    </tr>
    <tr>
        <td>printerという語を含む名を持つエントリ</td>
        <td><b>検索:</b> 任意のタイプ | <b>ただし:</b> 名前 |
        contains (含有) | printer</td>
    </tr>
</table>

<h2><a name="results"></a>検索結果の表示</h2>

<p>標準検索または拡張検索を実行するとき、検索データがDirectory ServerインタフェースによってDirectory Serverへ送信されます。Directory Serverで検索が実行され、一致したエントリがDirectory Serverのインタフェースへ戻されます。結果の表示方法は、以下のような一致の種類によって異なります。</p>

<ul>
    <li><a href="#nomatch">一致なし</a></li>
    <li><a href="#single">1件の一致</a></li>
    <li><a href="#multiple">複数の一致</a></li>
</ul>

<p>このセクションでは、ディレクトリ ツリーで検索を試みるときに遭遇する<a href="#problems">その他の問題</a>についても説明しています。</p>

<h3><a name="nomatch"></a>一致なし</h3>

<p>検索結果として一致なしが戻された場合、以下のいずれかを意味します。</p>

<ul>
    <li>検索基準に一致するエントリがディレクトリ内に存在しないこと。これが正しくないと思われる場合は、他の結果が得られるかどうか、多少異なるパラメータを使用して別の検索を試みてください。</li>
    <li>検索を実行する前に<a href="auth.htm#1016877">認証</a>を行わなかったこと。認証の必要条件はディレクトリ管理者が決定します。ディレクトリ管理者は、ディレクトリにアクセス制御を設定することにより、ツリーを検索する前にユーザが認証しなければならないようにできます。アクセス制御は、ディレクトリ ツリー全体またはツリーの一部のみを対象に設定できます。ディレクトリ ツリーを検索する前に認証する必要があるのに、検索の実行前に認証しなかった場合、Directory Serverはディレクトリで一致エントリが見つからなかったかのように動作します。セキュリティの理由から、認証が必要であることを知らせるメッセージはまったく表示されません。検索の実行前にDirectory Serverに認証する必要があるかどうかは、ディレクã!
 ƒˆãƒªç®¡ç†è€…にお尋ねください。認証の詳細は、「ディレクトリへの認証」を参照してください。</li>
    <li>認証の必要性に関わらず、ツリーのアクセス制御により、エントリの表示が禁止されていること。</li>
</ul>

<h3><a name="single"></a>1件の一致<b> </b></h3>

<p>「is (一致)」検索に対して1件だけの一致が戻された場合、Directory Serverインタフェースによって、そのエントリに関する情報が検索結果として表示されます。この1件の一致が他の検索方法でも見つかった場合はテーブルに表示されるので、リンクをクリックしてそのエントリの詳細情報を表示する必要があります。このフォームには、エントリを<a href="mod.htm">編集</a>するためのボタンが含まれています。エントリを編集するには適切な許可が必要です。また、エントリを編集する前に、<a href="auth.htm#userauth">認証</a>する必要があります。</p>

<h3><a name="multiple"></a>複数の一致<b> </b></h3>

<p>検索に対して複数の一致が戻された場合、Directory Serverインタフェースによって、一致したすべてのエントリと、各エントリの関連情報 (エントリの電話番号や電子メールアドレスなど) がテーブルに表示されます。実際に表示される情報は、検索中のエントリのタイプによって決定されます。特定のエントリについて詳細を表示するには、テーブルの最初の列にあるエントリの名前をクリックします。</p>

<h3><a name="problems"></a><b>その他の問題</b></h3>

<p>数値を検索する場合、奇妙な結果が表示されることがあります。これは、Directory Serverでは、実際に数値 (電話番号や部屋番号) であるかどうかに関わず、すべての値が文字列として保存されるためです。このため、数値を検索するときは、スペースや先行するゼロがある場合、それらもすべて含めるように注意してください。</p>

<p>また、Directory Serverインタフェースによって、先行および後続の空白スペースが検索基準からすべて除去されることに注意してください。実際にディレクトリ エントリの値に先行または後続の空白スペースが含まれることはほとんどありませんが、含まれる場合もあります。このために、先行または後続の空白スペースが含まれる値に対する完全一致の検索が失敗します。この問題が発生した場合は、完全一致検索の代わりに、<a
href="filters.htm#1018345">副文字列検索</a> (contains (含有) 検索) を使用すると良いでしょう。</p>

<h2><a name="vCard"></a>vCardの表示</h2>

<p>vCardとはデジタル式の名刺です。普通の名刺と同様、vCardには、ユーザの名前、役職、電話およびファックス番号、電子メール アドレスなどの連絡先情報が含まれています。ただし、普通の名刺と異なり、vCardには、画像、音声、ビデオなどのマルチメディア要素も含めることができます。vCardを表示するには、以下に従ってください。</p>

<ol>
    <li><a href="#standard">標準検索</a>または<a
        href="#advanced">拡張検索</a>機能を使用して、表示したいvCardの所有者を検索します。</li>
    <li>[View Card] ボタンをクリックします。<br>
        Directory Serverインタフェースによって、vCardの縮小版が表示されます。</li>
    <li>詳細を表示するには、[View
        Complete Card] をクリックします。</li>
    <li>Communicatorのアドレス帳にそのユーザを追加するには、
        [Add to Address Book] をクリックして [OK] をクリックします。</li>
</ol>
</body>
</html>







More information about the Fedora-directory-commits mailing list